掲題通り、重厚なる味わいのドーナツをたまたま続けざまに食べましたので、続けざまに紹介させてもらいます。



ヤマザキ オールドファッションドーナツ(チョコ)

ローソンのパン棚になぜかヤマザキ社のドーナツが色々並べられてまして、つい釣られて手に取りました。


外装全景

ドーナツステーションなどという球体の絵があったり、サックリ食感とかいうロケットの絵があったりで、やたらゴチャついたパッケージがPB商品とは対照的と言えましょうか。仕様としてはチョコのオールドファッションと、ごく普通っぽいです。


栄養成分等

熱量441kcal、ナトリウム160mg(食塩相当量0.40g)、脂質26.9g。さすがドーナツ、熱も脂も立派な値です。


ブツ(表裏・大きさ)

ベチャつき防止フィルムを装備。剥がしてみると、まさにオールドファッション。ヘヴィそうですなあ。ボールペンとの比較図では筐体が割れてますが、これは撮影失念してて後から撮ったためです。


ブツ(横・アップ)

寄ると油っぽさ際立ちますねえ。


ブツ(内部)

中は普通のドーナツですな。


食べてみました

ヘヴィそうな見た目通りに持っても結構重いヤツを食ってみますと…、お~、まさにズシンときますわ、ボディブローのような重い一撃。甘み自体もそれなりにあるはずなんですが、主として感じるのはやはり重さですな。熱・脂の数値自体ならもっとハイレベルな物件があるはずなんですが、本品のヘヴィデューティーさはかなりのもんです。

で、興味深いというか何というか、素の部分のあまりの脂重みのせいでしょうか、チョココーティングの部分の方が食べやすかったですね。チョコがむしろ爽やかにすら感じました。まあ、一応ウマイっちゃーウマイけど、おっさんにはシンドイね。若向きでしょう。









ミニストップ メープル風味ドーナツ

同店パン棚でちょっとノーブルっぽい落ち着いた色調のパッケージを見かけ、2個入りというお得感にも惹かれて買ってみた品です。


外装全景

前述の通り何となく高級感ある包装。モノは普通のフレンチクルーラー的ですが、メープル仕立てというのが特徴ですな。


栄養成分等

熱量672kcal、ナトリウム230mg(食塩相当量0.58g)、脂質49.0g。600超の熱量というのは久々ですなあ。さらに、脂49っちゅーのもちょっと記憶にあるかないか定かでないクラスのハイスコアであります。まあ、2個分ですけどね。製造はヤマザキ、さすがやね…。


ブツ(表裏・大きさ)

シュガーコーティングが全身くまなく施された、見るからにヘヴィそうなお姿。裏面の仕上げは雑…というか、仕上がってないというか…。


ブツ(横・アップ)

寄ってみますと、さらに重々しさ上昇。溶かし砂糖が固まって垂れてるところなんざ、まるでつららや樹氷のようです。


ブツ(内部)

中は普通のドーナツっぽいが、シュガー部が毒々しい印象さえありまして、もう見てるだけで胸焼けしそうに…。


食べてみました

が、鑑賞してても始まらんので、意を決して食ってみますと…、むむ~、いやはや、これは見た目通り、いや、それ以上のヘヴィさですな。能書きには「さっくりとしたドーナツ」との記載がありましたが、どこがさっくりやねん?でして、実際は「油脂と砂糖でジュワッと仕立て上げました」ですわ。まあ、そんなん書いたら売れへんでしょうが…。まあ、これもウマイといえばウマイが…のクチですな。

もう、とにかく甘い甘い。先ほどのオールドファッションを若向きと申しましたが、こちらはさらにその指向が強いですな。健啖家向きとでもいうのか…。ちなみに、若者年代のウチの息子は、本品1個の半分ほどでギブ(甘いもの好きなんですが)。娘(若者)は4分の1程度でもういいと。私は一口で退場。結局残りを食ったのは嫁(非若者)でした…。





この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら