光の玉

760 :本当にあった怖い名無し:2008/02/29(金) 23:56:45 ID:fccql5f90
小学校2年生位の時から、妙な光の玉を度々見るようになった。
家族にその話をしても嘘つき呼ばわりされるので、
今度その光の玉を見たときは、証人となる人を連れてきて、一緒に見ようと頑張った。

あるの夕方、近所の神社の前で光の玉を見つけた。
自分は急いで家に帰り、母親を連れてやってきた。
母親は「何?これ?」と、信じられない物をみるようにそっと手を伸ばしたが、
急に「帰ろう」と言って、自分の手を引いて家に帰った。

夕食の時間、自分は光の玉の話を持ち出した。
「お母さんも見てるんだから、嘘じゃないよ。ね」と母親の方を見たが、母親は無反応。
無反応と言うより、何か怒っているようにも見えた。
兄貴が「嘘だ。嘘つき」と冷やかしてくるので、
「お母さんも見たじゃん。ねぇ。見たでしょ?」と母親に証言してもらおうとすると、
「いいから早く食べなさい!」と怒鳴られた。

暫くたって、伯母さん(母親の姉)が家に遊びに来て、自分にお守りをくれた。
「○○ちゃん(自分)が、事故や病気をしないようにってお守りだから、いつも持っているんだよ」
と言って、首からさげてくれた。
それから、風呂に入ったり、プールに入ったりする以外は、いつもお守りを身につけた。

ある日、家に帰ると、伯母さんが遊びに来ていた。
「○○ちゃん。お守りどうした?」と聞かれて、初めて無くなっている事に気が付いた。
「あれ?どこかに落としちゃったのかな?探してくるよ。多分学校かな?」と出かけようとすると、
伯母さんは「あぁ。いいよ。いいんだよ」と出かけるのを止めた。
「また持って来てくれるの?」と聞くと、
「もういいよ。役目が終わったんだからね。」と、無くした事は怒られなかった。
母親も怒っているかと思ったが、何も言わなかった。

その後、妙な光の玉を見る事は極力少なくなったが、
光の玉の話をすると、伯母さんがやって来てお守りを渡された。
中学生位の頃から、妙な光の玉を見る事は無くなった。
そして、伯母さんからお守りを渡される事も無くなった。


761 :本当にあった怖い名無し:2008/03/01(土) 04:15:41 ID:BbizSWDaO
>>760
お母さまは何を見たのか…
伯母さまは何を感じとったのか…!?
なぞだね。(((゚Д゚;)))


763 :本当にあった怖い名無し:2008/03/01(土) 11:05:04 ID:VLvsg9TJ0
>>760です。
母親が何を見たのかは、今でも解りません。
高校時代に一度聞いたことがあるけれど、「そんな事 あったかねぇ」と忘れた風を装っています。
もしかしたら、本当に忘れたのかも。

母親は四姉妹の一番末っ子で、この四姉妹には色々不思議な話があるのですが、
ここの主旨とは違うので、控えさせてもらいます。
ですが、このお守りには、その四姉妹が色々絡みあっていて・・・
母親の実家に住んでいる長女が、近くのお寺からもらって来たお守りを三女の家に郵送で送り、
ソレを三女の伯母さんが自分に持って来てくれるのです。
子供心に、なぜ長女の伯母さんが直接家に郵送しないのかが不思議でした。
米やら野菜やら色々送ってきてくれるから、住所を知らなかった訳でもないし・・・

夏休みに長女の伯母さんの家に遊びに行った時に、聞いた事もありましたが、
ただ笑って、質問の答えは返って来る事はありませんでした。
それに、そばにいる他の伯母さんたちが、話を逸らすふうにも思えました。
なんとなく聞いてはいけない事なんだと・・・子供心に思ったものです。

夢と重なった

256 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 23:42:13 ID:xc0M2e0K0
小学校の汲み取り式トイレの裏で遊んでいた。
壁に立てかけられた鉄の棒を使って、汲み取り口を開けて中を覗いたりしていたんだ。
低学年の男の子が来た。うざい位にまとわり着いてきたんで、汲み取り口を覗いているときに突き落とした。
その後で怖くなって、蓋を閉じて知らん振りをして授業を受けていた。
(昼休みのとき?)棒に着いたであろう指紋を着ていたカーディガンで拭き取るくらい冷徹だった。

という夢を見たんだな。
わけのわかんねー夢だなあ、と忘れていた数日後。
遠い県で、小学生が行方不明になったというニュース。
自分の夢と重なって、少し厭な気分になった。

かなり経ってからかな、その子がトイレの汚物槽ってのか、そこから見つかったと。
完全に自分の夢と重なり合ってしまった。
けれど、住んでいるところと事件のあった場所があまりにも遠すぎたし、夢で見たといっても誰も信用しないし・・・
と思って黙っていた。

今にして思えば、ある意味予知していたのかもしれない。
犯人は小学校の上級生。茶色いカーディガンを着ていた奴。


259 :本当にあった怖い名無し:2008/10/04(土) 00:25:12 ID:2XQvg8FRO
>>256
こ、こえぇ
それ、いつくらいの話?


260 :本当にあった怖い名無し:2008/10/04(土) 00:29:07 ID:wa8vg2mm0
昭和四十年代後半でした。
あくまでも自分目線の夢だったので、後味も悪すぎました。

天使に会ったことがある

143 :本当にあった怖い名無し:2009/02/15(日) 02:51:54 ID:ZYzTNqNi0
中学生の時、天使に会ったことがある。
実際は天使じゃないんだけど、それ以外いい呼び方もないので天使で。

その日の放課後、俺は友達と二人で南館の階段を上っていたんだ。
1階から2階へいく途中で、いつ来たのか小走りの女の子に追い抜かされた。
うちの制服を着てて、小柄でショートカットだったのを覚えてる。顔は見えなかった。
その女の子の後ろ姿を見た瞬間、なんと言ったらいいのかよくわからん感覚がぶわっときて、
幸福感のような、ああ幸せだなあって泣きたくなるような気持ちになったんだ。
友達の方を見ると、そいつも何が起きてるのかよく分かってない顔をしてて、
「今のなに?」って聞かれたから「知らん」と言うと、「天使だ!」って急に叫び出した。

二人してその女の子が消えてった曲がり角に走ったんだけど、誰もいなくて、
でも、そんな少しの間に姿が見えなくなるような長さの廊下じゃないし、
南館は音楽とか美術とかそういう教室ばっかりだったから、放課後には全部鍵がかけられてて、
どっかの教室に入ったってこともないはずなんだけど…

今思い出しても、不思議な体験だったなあと

消えた妹

231 :本当にあった怖い名無し:2009/03/11(水) 12:10:14 ID:wlqAGO1U0
小学校3年生の時の話。
その日は土曜日で、当時の子供なら絶対に見逃してはいけない『8時だよ!全員集合』の放送があった。

夕方7時頃、幼稚園児だった妹が「8時になったら起こしてね」と言って、2階に上がっていった。

前の番組が終わってCMに入ったので、言われたとおりに妹を起こしに2階の子供部屋に行った。
ところが、妹の姿がない。
部屋中探し回って、親の部屋や押し入れの中、下に降りてトイレや風呂場、犬小屋の中まで探したが、
妹はどこにもいなかった。
ひょっとして遊びに出たのかと、近所の仲良しの友達の家や、ちょっと離れた親戚の家まで探しに行ったが、
妹はいなかった。

8時半ころには近所中が大騒ぎになってて、近所の人も入ってもらって、家の中をもう一度大捜索した。
そんなに広い家でもなく、それこそ押入れの中の段ボールの中さえ探した。
当時を知る人ならわかるだろうが、『全員集合』を見ないでかくれんぼや遊びに行くなんて絶対ありえないんだ。

9時になり、誘拐説が囁かれはじめ、警察に連絡をってことになった。


232 :本当にあった怖い名無し:2009/03/11(水) 12:26:07 ID:wlqAGO1U0
その前に、もう一度だけ家の中を探すことになった。
2階に行き、子供部屋の戸を開けたら……妹は普通にベッドに寝ていた。
「どこに行ってたんだ!」って叩き起こしたら、妹はずっとベッドで寝ていたと言う。
そんなはずはない。ベッドは、布団どころかクッションまで剥がして調べたんだ。
もう近所の人たちには平謝りだったが、近所の人たちも不思議がってた。

あの1時間ほどの間、妹はどこに消えていたのか。
家の中は大人数人でくまなく探したし、家の前には近所の人たちがずっといたから、出入りは不可能。
神隠しにあっていたとしか思えない。

そして、その事件を境に、妹の性格が変わった。
それまで女の子のくせに乱暴でケンカっ早い子だったのに、ものすごくおとなしい子になった。
『とりかえっ子』って話があるよね?
妹は違う子と入れ替わったんじゃないかと、今でも時々思うことがある。


238 :本当にあった怖い名無し:2009/03/11(水) 20:55:08 ID:PKoVx2S70
>>232
おつ。妹さん、性格が変わった自覚はないの?


242 :232:2009/03/12(木) 13:10:34 ID:IWPQ1cm/0
>>238
妹に自覚はない。
大人になってからその話をしてみたが、全く覚えていなかった。
まあ、幼稚園の時だから仕方ないかもしれないが。

変な噂があるような場所

270 :270:2012/05/24(木) 16:48:39.30 ID:fHAXJ+lT0
子供の頃はたいてい誰でもヤンチャだし、
変な噂があるような場所があったら、なんも考えず「行こうぜ!」って行っちゃうだろ?
俺もそんなクソガキだったんだよ。

俺が中学生2年生の時の話なんだけど、
俺の地元は田舎なとこで、田んぼたくさん、木々がたくさん、みたいなとこだった。
当時はこんな噂があった。
・ホモ屋敷と呼ばれる水車小屋に最近女の幽霊が住み着いてる。(なぜホモ屋敷なのかはいまだに知らない)
・森の中にある散歩コースみたいなとこがあるんだけど、
 そこの途中に防空壕があって、そこには昔の日本兵が未だに敵を待ち構えてる。
・中心に鳥居がある池があるんだけど、夜にその鳥居をくぐると異世界へ行ける。

どれも子供が考えそうな適当な噂だけど、当時はそれを信じて確かめようぜ!なんて言って、
夜に仲のいい友達を3人誘って確かめに行ったんだよ。

結局最初の二つはなんもなかった。
怖かったし、肝試し気分で楽しんだからよかったけど、もう飽きてた。
だから3つ目の池の噂ももうどうでもよくなってきてた。
池に着いてから気付いたけど、鳥居をくぐるには池に入らなきゃいけない。
いかんせん、俺も中学生 夜の池に飛び込むのは怖かった。
けど全部確かめたかったし、どうせなんも起きるはずがないってことで、じゃんけんで負けたやつが行くことにした。
俺が負けたわけだが。


271 :270:2012/05/24(木) 16:50:44.02 ID:fHAXJ+lT0
意を決してパンツ一枚になり飛び込んだ…が予想以上に深かった。
俺はおぼれかけて、捕まるとこが鳥居しかなかったから、必死に鳥居を目指して水の中で暴れた。
友達もさすがにやばいやばいってなってた。
なんとか鳥居にたどり着いたが、咳き込んでるし、足は結局下につかないし、俺は疲れきってた。
まじでこれはやばいって思ってた時だった。
「大丈夫かい?ほら手を伸ばしてごらん?」
急に爺さんの声が聞こえて、水面に映る手が見えた。
上を向いたら、鳥居につかまってる爺さんがこっちに手を伸ばしてた。
今思い出したら吹き出しそうな感じだけど、当時は神様が助けてくれるんだと思った。
俺手を伸ばしてその手を掴もうとしたのだけは覚えてる。

気がつくと朝で、頭とか腕に包帯を巻かれてて、変な部屋で寝てた。
後から聞いた話だけど、俺は手を鳥居に伸ばして狂ったように叫んでたらしい。
そこを偶然通ったおっさんがすごい顔しながら「まずい!」とか言って、俺の腕をめがけて石を投げまくったらしい。
投げた石が俺の頭とか腕に当たった瞬間、俺がすごい顔でおっさん達をにらんで、そのまま沈んでいったらしい。
そこをおっさんが飛び込んで助けてくれたらしい。
朝起きた時に俺が寝てた部屋はおっさんの家で、おっさんが真剣な顔して、
「親御さんには黙っててやるから帰りな。
 だけどな、絶対これからは変な噂を確かめるとかはやめなさい。
 それと、あの池にはあまり近づかないようにしなさい。
 神様は誰にでも優しいわけじゃないし、本当に神様かなんてわからないからね」

俺はそのまま帰って三日は学校を休んだ。
なんか話を聞いたら怖くなって外に出れなかった。
学校行ってからも、しっかりお守りをポケットに入れて、しばらくは神社とかそういう類のとこには近寄らなかった。

子供をさらおうとする神様なんているのかな?
別に地元にはもう住んでないし、調べたいから教えてって言われたら教えますよ。


272 :本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木) 18:35:10.91 ID:AJ01uJTgO
>>270
助けてくれたおじさんの家を変な部屋とは失礼だなw

噂があるって事は、異世界に行って帰ってこれたヤツがいるって事だよな。
生きてても魂抜かれた状態になってたのかな?


273 :270:2012/05/24(木) 19:12:26.56 ID:fHAXJ+lT0
>>272
多分、大人が考えた子供を近寄らせないための噓だと俺は思ってるんですけど…
でも実際にひどいことになってるんですよねw

ちなみ、にあの時にかすかに爺さんに捕まれたと思われる後は、未だに肩に残ってますよw生傷みたいになってますけど

ぱふぇ

341 :ぱふぇ:2012/05/31(木) 17:56:18.42 ID:PhS5Igsq0
俺の子供時代、そうだな幼稚園ぐらいの頃だろうか。
住んでたのはけっこう街中だけど、近所には当然ながら現在のような大型店舗も飲食店も殆んど無く、
少し離れた商店街が唯一の買い物の場所。
そんな時代を思い描いてくれ。

母に連れられて行く、週末のたまの買い物は子供にとってはすごいイベントだった。
テンション上がりまくりで、もちろん何か買ってもらうのが目当てではあるんだが、
その商店街の外れにある『花屋さん』の前を通る時に、
俺は必ず「ぱふぇー ぱふぇー食べる~~~ぅ」っとダダをこねていたらしい。
・・らしい、というのも俺自身もその頃の記憶は曖昧だからだ。
大人になってから何とはなしにそんな話を親から聞いて思い出したぐらい。
そんな親の話と、おぼろげな子供時代の記憶をたぐると・・・。


342 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 17:58:08.63 ID:PhS5Igsq0
さて、時を遡って当時のあの時に戻る。
あまりに俺がうるさいので、母はその『花屋さん』に連れて入ったのだそうだ。
当然ながら花屋さんに喫茶店のようなサンプルウィンドウは無いし、ましてパフェなど売っていない。
ところが俺は執拗に母の手を引いて二階へ行きたがってたそうだ。
そこはビル全体が園芸店のようで、一階で生花、二階で鉢植えなどを置いていた。
つまりは二階に上がっても観葉植物が並んでいるだけだったが・・・。
俺は納得できずに「ぱふぇ~~ 食べる~~」とダダをこねてたらしい。
それ以降も何度か連れていっては「花屋さんでしょ?」と諭しても、俺は頑として「喫茶店だー、パフェ~」と納得しなかった。

やがて時代の波に商店街はさびれ、付近に出来た大型店舗やコンビニにとって変わる。
買い物でも遊びでも商店街方面へ行く事はなくなった。
俺も社会人になってから一人暮らしを始めたので、実家周辺そのものに疎遠になっていったんだ。
再び商店街へ足を向けたのは二十数年後の事。

ある年の夏、盆もかねて実家へ帰った折に付近を散策していた。
広場は無くなりマンションに変わり、商店街のアーケードも無くなって景観はすっかり違うが・・、
「あっ、あの花屋はまだあったんだ」
ビルの外装は変わっていたけれど、一階には普通に生花店があった。
当時の記憶が一気に蘇ってくる。
懐かしくなって足を進めた。


343 :ぱふぇ:2012/05/31(木) 18:00:14.63 ID:PhS5Igsq0
当時は無かった大きいガラスの自動ドアをくぐると、二階まで明るい吹き抜けになっていた。
右手におしゃれな階段が作られており、その先に・・・喫茶店!!
二階には子供の頃想像した通りの喫茶スペースができていたんだ。
もちろん迷わずチョコパフェをいただいて来た次第。
男一人でパフェはきついものがあったが、それ以上に不思議な満足感を味わう。
やっと追いついたんだなぁと、ノスタルジーな気持ちに浸ったひと時。

アレ以来、そこには行ってない。
今はどうなったかもわからない。
また、俺自身も影響無く平凡な人生を送っている。

子供の頃の思い込みって根拠無い自信に満ち溢れてるよね。
そんな偶然か必然か分からない記憶に刺さったトゲのような出来事。
誰にも話した事がなくてモヤモヤしてたから、これですっきりしたよ、読んでくれてありがとうですた。

酷い遊びをしていた

603 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 01:22:15.25 ID:TNKYHABh0
幼稚園前位だったと思う。友達と酷い遊びをしていた。
牛乳瓶に蟻を捕まえて沢山閉じ込め、マッチの火を入れる遊び。
幼児が何故マッチをもっていたかは知らん。
蟻は、マッチの火で燃えず多分窒息でしんでたと思う。
全部しんだら、捨ててまた捕まえて、と何度かしていた。
何回目かにマッチを入れた時、
「ギャーーーーーーーーーーーーーーーー」という悲鳴が聞こえた。
びっくりして、瓶を捨てて二度とそんな遊びはしていない。
友達にも「やるな」と命令した。

それ以来、虫もわざと殺す事はした事ない。
蚊やハエも網で捕まえて窓の外に捨てる。
多分、あの時逃げまくる蟻をみて、頭の中の擬人化して、想像で声が聞こえたのかなとも思う。
でもやっぱり虫をわざと殺すのはやらない。
作物を根こそぎ食べる蛞蝓は駆除するけどね。

地底の世界

984 :本当にあった怖い名無し:2012/10/02(火) 13:11:07.34 ID:Cos6/Vvm0
小学校低学年の1年か2年の頃の話。

山に囲まれた田舎に住んでたんだけど、
学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんがおれに話しかけてきた。
知らない人にはついていってはいけないと言われてたけど、
何かその人たち普通と違うというか、どこかで見た事がある感じ。
懐かしくて惹きつけるものを感じて話を聞いた。
「地底の世界に遊びに行ってみないかな?」と誘われた。
おれはなんて答えたか覚えてないのだが、付いて行った。
学校の帰り道からそう離れてない所だったと思うのだが、
リニアモーターカーのように空中を走る電車のような乗り物に乗せられた。
トンネルのような穴から入り、それは地球の内部に入っていった。
乗り物の先頭に座らせてもらい、地底の様子をワクワクして見ていた。
地底は大きなアリの巣のようにトンネルが幾重にも交差したり分かれ道があったり、複雑な交通網が出来ていた。
乗り物はタイヤも無く、宙を走り、トンネルの壁に全く当たる事も無かった。
地底内部にも所々信号のようなものもあり、他にも似たような乗り物が走っていた。
初めて見る光景ばかりなので、相当興奮してたように思う。
あっと言う間に地底の世界に着いた。


985 :本当にあった怖い名無し:2012/10/02(火) 13:12:25.06 ID:Cos6/Vvm0
田舎に住んでたおれもビックリするぐらい自然が豊富な場所で、
乗り物の停車する駅のような所は人工的だったが、それ以外は大自然そのままだった。
その駅も金ピカに光っていた。塗りたくった色というより、壁全体から放射しているように見えた。
植物がどれも異様に大きく、原始時代の地球みたいに思えた。
ビックリしたのが、黄金で出来たトウモロコシがなってた事だった。
おれはそこですごく大きな人を見た。おれの父さんや母さんよりずっとずっと大きかった。
その人も体全体が光り輝いていて、神様のようだった。
その人に呼ばれておれは連れてこられたらしい。
いろいろと話をしたはずなのだけど、何を話したのかほとんど覚えていない。
ただ、おれのことを生まれた時からずっとこれからも観察していく、
おれが大きくなったらまた会う時が来る、その時まで一生懸命生きて欲しい、
というような事を話してくれた。
帰ってきて、その日おきた事を両親に報告したのだが、あまり真剣には受け取ってくれなくてガッカリした。

翌日、帰り道にその乗り物のあった場所を記憶を頼りに探したのだが、見つける事は出来なかった。
現実に返って一生懸命思い起こすのだけど、昨日の体験はいったい何だったのか理解ができなかった。
ただ、あのとき連れてってくれたおばさんとはまた数年後、全然別の場所で会うことになるとはこの時は思いもしなかった。

987 :本当にあった怖い名無し:2012/10/02(火) 15:35:22.23 ID:Cos6/Vvm0
それから日は経ち小学校四年頃だったかな、夏休み家族(父母おれ妹)で旅行に行った。
場所は知らないんだけど、長野県とかそっちの方だと思う。
高原で少し高度が高い自然公園みたいなとこ。簡素なアトラクションもあり、小さな遊園地みたいな所だった。
父さんは妹とペアを組みアトラクションに夢中になっていて、
母さんとおれのペアも遊んでいたのだが、母さんは疲れてベンチで休憩していた。
そんなに広い遊園地じゃないし、おれは一人ブラブラしていた。
またあの時と同じ感覚(前触れと言うか、第六感かなにかで来た事を感じる)を感じた。
まるで誘導されるかのように人通りの少ないその場所に来た。
あの時のおばさん(子供のおれにとってはおばさんだが、実際は二十歳前後の人かもしれん)が、
もう一人の女の人を連れてやってきた。
上手く表現できないのだが、見た目は地球人なのだが人間を越えた優しさに包まれた人だった。
おれはその人を見た時に、一目で本当の母親だということを思い出した。
懐かしさで一杯になった。


988 :本当にあった怖い名無し:2012/10/02(火) 15:36:50.44 ID:Cos6/Vvm0
めちゃ長いのである程度簡略して話すと、
おれは元々の地球人ではなく、その人と同じ星で生活していたのだが、
地球はこれから大変な変革期を迎えていて、そのためにおれは地球に送りこまれた。
もちろん地球人として地球人の母親から産まれ、肉体的には完全な地球人として、
その役目を無事終えるためにやってきた。
(肉体としては今の母親から生まれたのだが、霊としてはおれは地球人とは違うらしい)
もちろんおれだけじゃなく、相当数の宇宙人の魂をもった者が地球人として送り込まれているというような事を教わった。
おれはそんな話より、その本当の母親に会えた事が嬉しくて、わんわん泣いた。
そしてその時も、
「これからもあなたを近くから見ています。
 次はあなたが大きくなって、やるべき事を完了したころに会う事になります。
 淋しいでしょうが、私たちは近くで見ています。
 地球で生きる事はあなたにとって大変なことでしょうが、頑張って下さい」
みたいなことを言われ、一方的に別れを告げられた。
おれは今の家族捨ててもいいから連れて行ってほしいとお願いした。それほどこの人の事を慕っていたのだ。
だがそれは叶わぬ夢、笑顔で黙って笑ってるだけだった。

彼女達が消えた後、おれは元の場所に泣きながら戻ったのだが、
さっきまでの輝く人を見た後に、今の家族の輝きの無さにガックリして、戻された現実にさらに泣けた。
前回のこともあり、おれが経験した不思議な事は親にも話さないようになった。
帰りの車の中でも、子供ながらどう捉えればいいのか考えていた。


989 :本当にあった怖い名無し:2012/10/02(火) 15:42:38.36 ID:EXSqYgcl0
えっと、地底人が宇宙人を連れてきたってこと?
地底人も一応地球人なんだよね?


990 :本当にあった怖い名無し:2012/10/02(火) 15:48:51.07 ID:Cos6/Vvm0
地底人と宇宙人の関連性はわからない。
地底で会った人は地球に住んでる以上地球人だろうけど、
迎えに来たおじさんとおばさんは多分地底人ではないと思う。
地底人は比べ物にならないくらいに背が高かったから。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス