バラの花のような形のマツボックリを見つけました。これはヒマラヤスギのマツボックリが地面に落ちると割れてこんな形になるんだそうです。ヒマラヤスギのマツボックリだからスギボックリか?いやいやヒマラヤスギはああ見えて松の仲間なのでマツボックリでいいらしい。
 木になっている時は大きめのマツボックリですが、地面に落ちたものはバラバラになってバラの部分が残るようです。ただし下を向いて落ちているので、だれもそれと気づかず踏みつぶされてしまうようです。
 また、ヒマラヤスギならどれでも実がなるわけではないようです。銀杏のように雌雄があるのかもしれません。
 晩秋の一時、公園で自然の造形物を探してみませんか?

落ちる前のヒマラヤスギのマツボックリ

出典撮影者BB

地面に落ちた状態

出典撮影者BB

ひっくり返したところ

出典撮影者BB

本日の収穫 2個

出典撮影者BB

この記事を書いたユーザー

夏野 浩 このユーザーの他の記事を見る

50代のオジサンです。KAO=S(カオス)というロックバンドを応援しています。たまに個撮などに出かけますが、そのために買ったんでしょ的な一眼の使えなさっぷりがモデルさんにバレバレです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 音楽
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら