皆さんは石けん買ってから、水で溶けにくくするために受け皿に置きますか。それとも吊るして使っていますか。私の場合、最近まで100均の入れ物を使っていましたが、以前使った手を思い出したので、やってみました。

用意するのはアルミホイルだけです。

出典筆者撮影

私は商品紹介をしますのでいろんな品が届きますが石けんには、アルミホイルを以前つけて使っていたのを思い出し、アルミホイルのところに水がかかっても溶けないのです。

今回は石けんの下を水で濡らしてアルミホイルの上におきます。
半透明な方に載せてください。

そして5分か10分後に

形に添って切ります

ペタッとアルミがついたのを確認しましたら、今度は石けんの形に添って切ります。
すると少し大きめに切ってしまいますがそのまま下の淵にも写真のように貼ってください。
もしこの方法で不安な場合で石鹸の受け皿に置きたい場合、形より少し小さく切り、アルミのほうを上にしますと、風呂でシャワーがかかっても溶けにくいのでそれもお勧めします。

話を戻して、石鹸の形に添ってきったアルミの効果ですが

このように泡立てて使った後に置いてみました。次の日

出典筆者撮影

これは石けんをおろしたての時にアルミをつけてすぐに使って、洗面所に置いて寝ました。泡も残っていますが

次の日見てみました。

出典筆者撮影

横から見ても溶けていません。しかもアルミはついたままで水切れもしていないのです。それでは正面です。

泡の後はありますが溶けていませんのでべたつきません。

出典筆者撮影

アルミホイルを水でつけて密着させると空気が入らないので溶けにくくなるのです。

応用ですが旅行するとき石鹸持ち歩くときアルミホイルに包むと取り出しやすくべたつきませんから試してみてください。これですと長持ちしますし、受け皿で場所をとらないので重宝しています。

この記事を書いたユーザー

ぽんこ このユーザーの他の記事を見る

スキンケアやコスメの記事をいつも書いております。
花や料理にも興味がありますので記事を書くのが好きです。

権利侵害申告はこちら