どんなにキレイな場所にでも、現れる「ゴキブリ」!
大嫌いな人が多いはず。
でも、どうやって退治してますか?自分でできますか?

その人によってゴキブリ退治は様々で、聞いてみると面白いです。

私のゴキブリ退治法

出典足成

ある日、自分の部屋で「カサカサ」っと音がした。
間違いない・・・ゴキブリだ!
でも、家には私1人だけ。
誰も代わりに退治をしてくれない。

普段は母が退治してくれるのたが、居ないとなると自分でするしかない。
このまま放置してゴキブリがどこかへ行くのを待つパターンもある。
今回は、私が仕方なく自分で退治した私のゴキブリ退治法をご紹介します。

すでにゴキブリ登場のために買っておいた「スプレー」があった。
当時はテレビCMでかなり放送していたけれど、今は全く見ないのでもう無くなった商品なんだろう。
そのスプレーは泡状になり、ゴキブリを泡で包み窒息させるというものでした。

勇気を出して、ゴキブリめがけて「シューッ」とスプレーをする私と逃げるゴキブリ。
格闘の末に、泡がゴキブリを仕留めた。
さて、困ったこのゴキブリをどうしよう。
捨てたいけど、例え泡まみれでもゴキブリに触りたくない。
そこで思いついたのが「割りばし」を使うこと。
すぐに割りばしでつまんで、ゴミ箱に完全に捨てた。

でも、気が付いたら私の部屋が泡まみれに。
あのCMでは、いかにも簡単に落ちる柔らかい泡のイメージが、粘っこくて拭いてもなかなか取れない状態に。
取るのに本当に苦労をしました。

それから、まだあの泡スプレーと一緒に割りばしをスタンバイさせてあります。

新聞紙で叩く退治法

出典足成

きっと多くの人が「新聞紙で叩く」ということをゴキブリ退治でしているはずです。
1番簡単で確実にしとめられます。

私が面白いと思うのが「掛け声」です。
「こんにゃろー」と追いかけまわす人を見たこともあります。
「このーっ」とゴキブリにケンカを売るような掛け声まで。
その人の違う一面を見た気持ちにもなります。

素手て叩く退治法

出典足成

これは、私の祖母の年齢クラスでやる人がいます。
この素手はさすがにできないと思いますが、実際は思わず手が出て・・・という人が多いです。
もはや、年齢を重ねたから出る「技」と言っていいぐらいハイレベルです。

ゴキブリが嫌い過ぎて、ゴキブリと言うのが嫌で「G」と呼んでいる人もいます。
相当なレベルでゴキブリが嫌いな人です。

あと、私たちにおなじみなのは「ゴキブリホイホイ」です。
よく保育士時代に保育所のゴキブリホイホイにかかったゴキブリがのちに逃げてしまうと発覚。
そもそもゴキブリホイホイは、粘着力でゴキブリの動きを封じて、動けないストレスでゴキブリを退治するという意外なメンタル系の退治法なんです。

それから、仕留めたらすぐに踏むという方法があみ出され、当時激太りをしていた私が頼まれることが多く「ごめんね」と言いながらやっていました。
やはり、良心がとがめるものです。

しかし嫌われ者だと思われているゴキブリ。
そのゴキブリが好きで、夏休みの自由研究にゴキブリの研究をした同級生の女の子が居ました。
世界規模のゴキブリを紹介していて、驚いたのを今でも覚えています。

ゴキブリ退治・・・苦手なのは男性で、女性の方が強いとも聞きます。
その人の人柄が垣間見える瞬間なのかもしれません。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明恵 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら