現在の日本では2人に1人がガンにかかり、その中の3人に1人はガンで命を落としている事実をあなたは知っていましたか? 先進国でこれだけガンの発症率が高いのは日本だけです。

更に、ガンと言えば女性にとっては乳ガンも避けては通れないものです。12人に1人の割合で発症し、30年前と比べると乳ガンで亡くなる人はおよそ3倍にまで膨れ上がっています。

最近だとタレントの北斗晶さんが乳ガンで手術し、乳房を摘出されていました。もし早期発見なら……遅くなってからそう考えても仕方ありません。

そこで取り上げられているのが「ピンクリボン」活動です。ピンクリボンとは、乳ガン啓発活動を表す世界共通のシンボルです。

その起源は諸説ありますが、日本でピンクリボンを広めるきっかけになったのは日本最大の乳ガン患者支援団体「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけです。

10月がピンクリボン月間とされているのも、「あけぼの会」が10月に東京タワーをライトアップしたことがきっかけになっていると言われています。

10月が終わり、11月も1週間が過ぎようとしていますが10月以外に活動してはいけないという決まりはありません。むしろ毎日がピンクリボン月間のようになれば乳ガンの早期発見者は増えるのではないでしょうか?

1人の力は小さいですが、それが束になると想像もしない大きな力になることがあります。ピンクリボン活動も1人の力は小さいかもしれませんが、みんなの小さな力を集めればやがて大きな力となっていくでしょう。あなたも小さなアクションも全て繋がっているのです。

▼乳ガン早期発見「ピンクリボン」活動はこちらから

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら