『シンクロナイズド・スケーティング』と呼ばれている競技があることはご存知でしょうか。

「シンクロ」と聞いて思い浮かぶ競技と言えば、プール内で様々な技を繰り出して得点を競う「シンクロナイズド・スイミング」があるかと思います。

『シンクロナイズド・スケーティング』は、プール内ではなく氷上で行う、シンクロ競技となっております。

また、2015年4月に世界大会が開催されており、新たなシンクロ競技として注目を浴びているのです。

優勝チームのカナダ代表

出典 https://www.youtube.com

今回は、優勝チームであるカナダ代表のシンクロをご紹介いたしましょう。

凛々しい立ち姿で、ポジションをセットします。

ここで皆さん女性の中に混ざって男性がいることにお気づきでしょうか?
実はこの競技、16名の正選手と4名の補欠選手が揃ってさえいれば、チーム内の男女比に特に取り決めはないのです。

リズムに合わせ全員が一斉に動き出します!!

そして2列にわかれ、全員が手をつないだ状態で滑り出します。

2列以下で列を作っているこの状態を「ライン」と呼ぶのだそうです。

一斉に散らばった!?と思ったら全員で円を作りながら滑っています!!

この人数でやるとなると、なかなかに壮大ですね!!

全員で円の形をつくる技を「サークル」と呼びます。

そして人と人の間を滑り抜ける、こちらの技が「インターセクション」と呼ばれています。

プール内でみるシンクロも素敵なものですが、この氷上で行われるシンクロもまた違ったものがありますね!!

『シンクロナイズド・スイミング』や『フィギュアスケート』と比べるとまだ、知名度はありませんが、2018年に行われる平昌オリンピックの種目入りを目指している競技になっておりますので、皆様もぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

▼カナダ代表の映像はコチラから

出典 YouTube

▼日本代表の映像はコチラから

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス