毎年冬の季節になるとしもやけに悩まされる方は多いのではないでしょうか?

「手の関節や足のかかとが赤くなってかゆくてたまらない!」
「冬になると毎年なるので困っている…」

そんな悩みを解消するためにしもやけになってしまう原因、治療法や予防法を紹介します。

しもやけになる原因

Licensed by gettyimages ®

しもやけになる原因は、気温と皮膚表面の温度が関係しています。

気温が低かったり体を濡らしたりなどして、体温が低くなり、体の血の巡り(血行)が悪くなったときにしもやけになってしまいます。しもやけが手の指先や足などによく出来てしまうのは、血行が悪いと血が流れにくい場所だからです。

しもやけは血行不良などで起きます。冬になると寒くなって大体気温が5℃前後になってくると血流が悪くなり毛細血管が多い足先や指先などに血液が行き渡りにくくなりしもやけになります。

出典 http://www.usamofu.com

しもやけの症状

次のような症状が出ているときはしもやけと考えていいでしょう。

・手や足の指の先、耳が赤くなっている
・腫れてゴムみたいに固くなっている
・少し赤くなったところがムズムズしてかゆくなる
・ジンジンして痛みを感じる

末端部分におこる症状は、赤紫の発疹が現れかゆみや痛みをともない、幼少期の子どもによく発症します。
手足全体が腫れる場合は、青年期から成人にかけた女性によく発症します。

出典 http://www.skincare-univ.com

しもやけの治療法

Licensed by gettyimages ®

しもやけになってしまった場合は血行を良くする事が一番ですので、しっかり温めてあげる事と湿った状態にしない事が大切です。

家庭でできる治療法としては、40度くらいのお湯と5度くらいの水を用意して、しもやけの部分を交互に浸すのを繰り返します。

浸している部分の血行が良くなり、しもやけの治りが早くなるので、ぜひ試してみてください。また、入浴中にマッサージを行ったり、血行を促進するビタミンEのサプリメントなどを摂取することも有効です。

温かいお湯だけでなく、水につけることで、自力で体の末端を温める機能が戻ってくるため、足の指が冷えにくくなります。

出典 http://hadalove.jp

しもやけを予防する

Licensed by gettyimages ®

しもやけを予防するために冬に外出する際は、厚着をして寒くない状態にすることはもちろんですが、手と足と耳も冷えないようにしっかりと意識しましょう。

具体的には、手袋や帽子などの防寒具を装着して手、耳が冷ないようにすることや、足にきつい靴を履かない、靴が濡れてしまった場合は別の靴を履くなどの対策が挙げられます。

しもやけは、かゆみや痛みなど、なった人にしか分からない辛い症状が出ることがあります。治療法を試したり、温めてもなかなか治らない場合には専門のクリニックを受診し、医者に診てもらうようにしてください。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら