筆者、新橋の洋楽バーのマスターです。

出典尚美学園短期大学パンフレット(平成3年度)

筆者、尚美学園短期大学の音楽ビジネス学科というところの出身です。上の写真は入学後に筆者が載った入学願書に付いているパンフレットです。

さて、そんな筆者、尚美学園には高校時代の音楽の先生が進路指導担当で推薦を頂き、受験番号1番を取る気合も見せて、何か簡単に合格して進学したように見えるかもしれませんが、実は入試は厳しい思い出なのです…。

今回の投稿では、筆者の入試の日を振り返ります。冗談の様な話しばかりですが、全て実話です。宜しくどうぞお付き合いください。


大学の場所は家から遠いので、早朝暗いうちに外出

Yamanote Line train. green wrapping 50th anniversary special.
by Kossy@FINEDAYS

実家から朝6時頃出発し、京浜東北線や山手線に乗り、池袋で東武東上線に乗るという場所に大学はあります。

母親に見送られ家を出て1時間ちょっとで、東上線に乗りました。すると…。

早起きするとお腹を壊しやすい傾向が筆者にはありまして、この日もお腹がゴロゴロして腹痛になりました。

池袋から乗ったばかりの電車でしたが、時間には充分余裕があったので、成増という最初の停車駅で途中下車してトイレに行こうと考えました。

成増までは10分くらい乗るでしょうか…

accident on Tobu Tojo line
by w00kie

段々お腹の痛さが増してきました…。

これはやばいかもしれない。

兎に角、こんな場所へ急ぎたい!

IMG_6117.jpg
by Kuruman

成増の駅に到着しました。便意はマックス。ホームにトイレがありました。

写真のような素敵なトイレではありませんし、和式ですが、筆者は駆け込みました。

漏らさず間に合いました。それは良かったのですが…

しまった…

西陣IT路地のトイレ
by casek

この写真のようなものが、駅の便所には当時無いことが多かったですよね…

便所の入り口の自動販売機で有料で売っていたりしましたよね。

ということで、お腹は落ち着きましたが、和式に座ったまま、筆者は考えました。

筆者、当時は眼鏡ケースを持っていました。

Licensed by gettyimages ®

その時持っているものの中に、拭く物と言えば…

ですよねぇ…眼鏡拭きしかありません。

残念ながらそれを使いました。取り敢えずトイレから無事に出られるのかと思いました。

ズボンを履いて手を洗いました。

小便用が無いんだなぁ、このトイレ…

Cinema Mediage
by Dick Thomas Johnson

そんなことを手を洗いながら思いました。

急いで入ったので…

ちょっと待った!!

ですよねぇ…

Licensed by gettyimages ®

やってしまいました。女子便所でした…

幸い便所に入る時、手を洗う時、そして出た時、誰にも見つかっていない感じなので、まぁ、仕方なかったということにし、次の電車に乗って大学に向いました。

大学に到着して、指定された席に座りました。

Licensed by gettyimages ®

筆者の受験番号は1番ですので、最前列の一番右でした。

殆どの受験生が、音楽の短期大学ということもあり女性でした。

中学校・高等学校を私立の男子校で過ごした筆者には、とても刺激的で緊張感の高い世界でした。

80分の小論文の試験です

Licensed by gettyimages ®

筆者は毎日のように高校の国語の先生に小論文を提出して添削してもらっていたので、予備校の小論文の偏差値が70以上ありました。

そんな事情もあり、自信を持って書き始めました。早く書き終えたら途中退室出来るようなので、そしたら校内の見学でもしようと思いながら書いている時にトラブルが…

消しゴムを落としてしまったのです。

ただそれだけならば、拾えばいいと思うじゃないですか?

それが…

Licensed by gettyimages ®

当たり前ですが、受験生の殆どが女性です。消しゴムが落ちたやや後ろ側には女性の足があるわけです…。

上の写真とは少しイメージが違いますが、とは言えそんな感じです。

そこで良いものを見てしまったとか、そういう話ではないのです。

凄いものを見てしまうんです!それが何かと言うと…

言いにくいのですが…

Licensed by gettyimages ®

写真どころではないですよ。

もう一度言いますが、後ろは女性の受験生です。やや後ろに落ちた消しゴムを拾いたくて筆者は拾うための動作に入ると、何と女性の足、しかも…

スネ毛ボーボー!

男子校生活中学高校6年。女性の足には毛など生えないと思っていましたから…

ショックで…

Licensed by gettyimages ®

集中力を欠き、小論文を書くのに80分使い切ってしまいました。

取り敢えず最後まで書きましたが、読み返すことも出来ませんでした…

女の子の足に毛が…

「勝丼」と書いてあったので、学食で食べました。

Licensed by gettyimages ®

その後、昼休み。一人で殆どが女性の中で寂しく縁起の良い「勝丼」を食べました。

でも、もう眼鏡拭きも便所に流して持ってませんし、女性便所に入ってしまいましたし、女性にスネ毛があんなに生えているのを見てしまったので、もう放心状態で、じっくり味わうことなど出来ません。

学食からは大きな畑と森と、遠くに走る関越自動車道が見える素晴らしい景観なのですが、もう、そんなことはどうでもいいのです。筆者はショックなのです…

午後は、面接です。今度はどんな酷いことがあるのだろうか、怖かったです。

面接は大丈夫でした…

Licensed by gettyimages ®

後にコンピューターを学ぶことになる教授が面接官でした。高齢な方でしたが、ロックが大好きなようで、筆者と洋楽ロック談義のような面接となり、非常に穏やかな感じで時が進み、手応えもありました。

やっと心が落ち着いてきました。

その日は…

東武東上線
by ColdSleeper

全ての日程を終え、帰宅しました。

昼食後は、特別おかしいことはありませんでした。

そして一週間後…

予備校の方でしょう、手元の生徒名簿と照合しています
by fukapon

筆者は合格していました!

スネ毛の彼女が、僕の後ろで2番だとしたら落ちていますが、盾に番号順だったか横に番号順だったか分からないので、入学するまで分からないなぁと思っていました。

そして入学して…

Licensed by gettyimages ®

彼女は合格していました。その後、面識を持つようになりますが、やはり足はそのままです。

4月に入学して暫くすると夏休みになりました。9月からの後期にキャンパスのエントランス・ホールで彼女とすれ違うと…

スネ毛が無い!!

その後二度とスネ毛は伸びませんでした…

いかがでしたか?

出典筆者家族撮影

この写真は卒業後しばらくしてから母校を訪ねた時の写真です。

ということで、入試の日は一生忘れられない日になってしまいました(笑)

読者の皆様、詰まらない話に付きあわせてしまい申し訳ありません。

最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら