昔、家や学校や街中にあった懐かしいもの。もう今ではすっかり姿を消してしまった懐かしいもの。ちょっと昭和に戻って見てみましょう。

電話

もう見なくなった電話。携帯電話を持つ事が普通になってしまった今日では自宅に電話がない家も多いと思います。今では「受話器を上げる」「受話器を下ろす」という言葉も死後になっているのではないでしょうか。

手動の鉛筆削り

小学校にあった鉛筆削りはこの手動タイプでした。鉛筆を挟んでガリガリ回す。今でも残っているのでしょうか。

だるまストーブ

学校にあった、だるまストーブ。ストーブの近くの席の人は熱くて遠くの人は寒い。休憩時間は皆ストーブの前に行って手を温めていた事を覚えています。

遊園地

今では殆どなくなってしまったデパートの屋上遊園地。家族でデパートに行って食事して屋上遊園地で遊ぶのは、とても贅沢な時間でした。

台所用品

鍋やコップによく花柄がついていました。今見てもとても可愛らしいです。なぜあの鍋は見かけなくなってしまったのでしょうか。

アルミの弁当箱

まさにこの「キャンディキャンディ」の弁当箱は家にもありました。懐かしいです。このアルミの弁当箱を使っていた人は多いのではないでしょうか。

テレビ

「チャンネル回して。」と言って今は分からない人もいるでしょう。リモコンが無かった時代はテレビについているレバーを回してチャンネルをかえていました。

あなたはどんな思い出が詰まっていますか?

おもしろ記事

この記事を書いたユーザー

Maggoo このユーザーの他の記事を見る

オランダ在住、一児の母。最近インスタにハマっており面白いネタ探しに日々インスタ徘徊中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら