海外のサイトで見つけた“軍手”の新たなる使い道。これがとっても素敵だったので紹介したいと思います。

太い木綿糸で編んだ手袋『軍手』。その便利さに、今や世界中で購入する事ができ、作業には欠かせないアイテムとなっているわけですが、今回紹介するのは、そんな軍手を使って作る“シマリスのぬいぐるみ”でして、簡単に作れるにも関わらず、これが、なかなかのクオリティなんです。用意するのは

■縫い糸
■綿
■軍手(茶色)
■Pipe Cleaners(“モール”のこと。手や足部分を曲げる為の芯になります。)
■木の玉(シマリスの鼻に使います)
布描き用ペン(なければ普通のペンでOK!)
■ハサミ

コチラの7種類。では早速ですが作り方を紹介していきたいと思います。

まず、↑のように線(黒)を描き、耳(×2)、頭、手(×2)、体、尻尾の7つのパーツに切り分けます。そして、カットした7パーツのうち、耳以外のパーツを、点線(白)に沿って縫っていきます。

コチラが耳以外のパーツを縫い、綿を詰めた状態。ここまでは大丈夫でしょうか?

あとはパーツ同士を縫っていくわけですが…

【重要】耳を付ける際、耳(×2)を、頭部分に挟み込むように縫い付けて下さい。

こんな感じです。なお、ここが最もコツのいるポイントなのですが、慣れれば大したことはありません。

最後にシマリスの尻尾を縫い糸で装飾し…

お尻部分に縫い付ければ完成です!

いかがですか?軍手1枚で作ったとは思えないクオリティでしょ!おそらくシマリス以外にも、犬や猫、ウサギだって作る事が可能だと思います。

クリスマスのオーナメントとしてもピッタリな…軍手で作るシマリス。制作費も数百円なので、興味を持った方は是非、作ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら