1、化粧水でお肌に水分を


ー 化粧水をお肌全体になじませる ー

まず、手の平に化粧水を5プッシュ出し、お顔全体を手のひらで覆い優しくなじませます。
肌角質層にしっかり水分が届くようにたっぷりなじませることがコツ。


次にコットンに化粧水を5プッシュ。
コットン面積3分の2は濡れるように出します。
さらにお肌に優しくなじませていきます。

お肌の角質層いわゆるスキンケアが届く層は”新聞紙1枚分の面積”

新聞紙が濡れるくらいの水分量がお肌には必要なのです。


ー シートマスクで栄養補給 ー

化粧水をたっぷり塗った後、シートマスクをするとより効果的。

シートマスクは美容液効果に近いので、たまにするスペシャルケアよりも、ドラッグストアなどで安くて大量に入ってるものを毎日する方が良い。

2、乳液をしっかりなじませる


ー 乳液によって肌質をやわらかくし、肌のキメを整える ー

10円玉くらいの量を目安に手に出します。
※少量ずつお顔全体に重ねづけするとよい

3、クリームで水分を閉じ込める


たっぷり塗った化粧水や乳液をお肌から逃がさないようにクリームでフタしていきます。

小指の先くらいの量を取り、頬→額→顎に少しずつ乗せてから全体に伸ばす。
※ベタつきが気になるようであれば、ティッシュで軽く押さえてもOK。

この記事を書いたユーザー

ayumi このユーザーの他の記事を見る

大阪 エステサロン代表、講師、美容家、美容ライターと活動中。

美容専門学校にて肌理論、メイクアップなどトータルビューティーを学び。
エステサロンでの勤務後、オーストラリアへと渡りフリーエステティシャンとして活動を開始。
帰国後、大阪にてprivate salon Laule'aを立ち上げ、イベント講師、美容家、美容ライターとして美容に関することに携わっています。

得意ジャンル
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら