キッチンの節水

不景気ですが、いろいろなものが値上げされてます。少しでも節約したい方も多いでしょう。


食器洗いの水の量は気になりますが、私は数年前友人に鉛筆の細さを目安に出せばいいと教わりました。

実践したら、ちょうどよくて、細すぎても汚れが流せず不経済で出し過ぎももったいなく、鉛筆ぐらいがベスト

意外に馬鹿にならないコメを洗うときの水道代。私がおすすめしているのは洗わない無洗米。

最近スーパーで無料で水がもらえたりします。会員カードが必要で、最初ボトルを購入したり条件もありますが、お得ですからぜひ活用を。

ムリせず節水を心掛けましょう。みず節約をし過ぎて食器汚れが残ったりするようなことがあれば無意味。

水道量全体で毎月700円ほど節約に成功していて、キッチンだけでどれぐらい節約になってるか不明ですが、確実に減ってます。

一人暮らしの光熱費を下げるには

私は大学1年の時から一人暮らししていて、そのためにお金があまりなく光熱費も節約。

全部銀行引き落としにして、料金明細が毎月ポストに入っていますから、その額を調べ先月使い過ぎだと反省してます。

冷蔵庫を買いに行った時電気屋のスタッフから、小さな冷蔵庫なら電気代はわずかと教えてもらって、冷やす量が少ない分電気代もかからないみたい。

冷蔵庫開け閉め回数も減らして、あければ冷気が逃げて電気代が高くなったりすることも教えてもらいました。

私は安い電化製品を探しすべて安いとおもっものを選び、1番安い冷蔵庫がたまたま小さかったので価格も安く抑えられて、得した気分です。

クーラーは思ったよりも電気代がかかりますから、つけないことが大事。クーラーは賃貸についており、私は8月毎日暑く、クーラーをつけていると電気代が1万円以上に。

やはりクーラーは付けないことに。

家にいるときは、水風呂に入り体を冷たくさせてあつく感じさせないこともしてました。

ガス代節約術ですが、ふろの湯を肩まで入れればガス代が高くなり、ふろの湯を半分にして半身浴をしてみると500円下がった経験が。

賃貸物件を探す時に限られますが、私のアパートは水道代無料で、それ以外に、かなり無料のむっけんがあって、探してみればいいでしょう。

電球は昔2個つけてましたが、1個切れ階に行くことが面倒で1個にして、変わらない明るさで節約できました。

なるべく日々家にいないことにして、テレビも電気もつけません。
学生なので大学にいました。
ここならクーラーも効いてますし、図書館で勉強したり。

ガス代、電気代で冬は6千円、それ以外は5千円ぐらい。冬風呂の冷たい水を湯にするのにガス代が高くなっていると思いました。

一人暮らしのとき主婦ではないですから、節約意識は最初なかったですが、料金明細を見て高いと感じ意識しました。

スニーカーをきれいに保つには

夏白いスニーカーが便利で、履いているうち汚れて灰色になってきたら悲しいもの。

そうなってしまえば仕方がないですが、やはり工夫したいもの。

スキー用で十分で、防水スプレーはフッ素樹脂でできており、トップコートの用に幕を張ります。

新品スニーカーにかけてしばらく乾燥させて吹きかけるといったことを繰り返し、5,6回で十分。

汚れなくても帰ったら乾いた布でふいてください。防水スプレーをかければさらにいいです。

最低1日間隔をあけてください。

こたつ電気代を抑えるには

今少人数家族が多いですが、エアコンやこたつや、ファンヒーターなど器具をたくさん使っている家がたくさん。


やはり節約して暖かく過ごせる方法を紹介
こたつ布団一片の裾をテーブル下に挟んで開口させ、床から20センチぐらいにしましょう。
こたつスイッチを入れず、ファンヒーターをこたつから1メートル以上離れた場所に置き、スイッチを入れます。
これですぐに温まってくれます。

暖房費節約できますが、身体を壊さないよう無理ない範囲で。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら