暖房代節約で、電気代が安く

1Fのリビングに2階に行く階段があって、吹き抜けで、暖房の危機が悪くて、肌寒く悩みのたね。
設定を上げることでしのいでましたが、電気代が高くなりました。

そこで節約法ですが、養成シートと遮熱カーテンで2階暖房の暖気が抜けないようにして、シートはツッパリ棒で固定。シートはホームセンターで200円もしないです。

見栄えは悪いですが、暖気を保存するのに最適Lこれで部屋が温まりやすくて、エアコン設定温度を低くできます。

リビング、台所通路にカーテンをつるし、普段の冷気止めに効果がありますが、キッチンで換気扇を利用するときに役立てます。

アルミシートを敷けば、こたつの温度を抑えめでき、以前はフローリングから伝わる冷たさで温かさが感じられなかったですが、シートを敷けばとても改善されました。

こうしたことによって、翌月電気代は数千円安くなって、暖房代を抑えて、電気代節約になります。

さんまの缶詰でさっぱりおいしい天丼風レシピ

スーパーでよく見かけるさんまの缶詰で1皿でおなかを満たせるレシピを作ります。
天かすの衣のように使うさんま天丼風で、節約レシピに。
材料
さんまの缶詰 100g
天かす 適量
大根おろし 適量
大葉 2枚
ごはん 茶碗1杯

大根おろしですりおろして、好きな分量で。
大葉を細目に刻み、サンマのたれは残しておいて、天かすをサンマに絡める

ご飯の上にサンマと大根おろし、大葉を盛り付けて、たれをかけて完成です。

大根おろしのさっぱり感がおいしく、疲れているときに最適。



台所洗剤を最小限に使う方法

台所洗剤を泡立てなければ気が済まないようなことはありますね。


実際少量しか使わなくてもしっかり汚れは落ちるのです。


たとえばカレーや焼き肉を入れ食器がべたつけば、洗剤をたくさん使ってしまいますが、私も依然3,4回洗いすすぎを繰り返してました。


洗う前、キッチンペーパーでお皿をふいておき、揚げ物のときに使うので、知っての通り油をとても吸い込んでくれますが、これを利用。

その後普通に洗い、べたつきませんから、1回ぐらいすすぐとよく、時短に。

べたついていれば、洗剤がたくさん必要になるように感じますが、つけおき洗いを。

ボールにぬるま湯を張り、茶碗に沈めて1時間ほど放置。
その後取り出し洗います。

お米のでんぷんが茹で柔らかくなり、取りやすくなり、2,3回洗ってみて、すっとなでるだけでご飯粒が取れてくれます。

私は洗剤の200mlのものを半年以上使っていて、使用料は以前の半分ぐらい。

洗剤もボトル式ではなくプラスチックバッグの詰め替えがあり、これなら大容量で安くお得です。


時間、お金も節約できる花カチェーシャとは

披露宴、二次会でよく利用するのが花のカチェーシャです。


かわいいの見つけても、オンリーワンだから値段が高い、体調がすぐれず、ウインドショッピングできないといったときにお気に入り小物をネットで見つけてコーディネイト。

用意するもの
バレッタ
コサージュ

うまく組み合わせれば、かわいいタイプやゴージャスタイプまでなんでも。

バレッタは最初から記事でおおわれているものを使えば、布を巻く時間が省けて、コサージュは裏にクリップやピンがついているものをチョイス
ピンが嫌なら、ボンドなどで接着を。

バレッタのコサージュを取り付けて、動いたとき落ち内容外から見えないところでバレッタ、コサージュを糸で留め、波縫いだけでも大丈夫。

この制作費用は、合計1500円で、5分で完成します。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら