本人でも目撃者でも。スマホから簡単匿名通報のサービス開始

近年サイバー上でのイジメ、いわゆるネットイジメが深刻化しています。
SNSでの誹謗中傷、LINEでの集団リンチ、裏サイトでの悪質投稿などのイジメは、従来の学校内でのイジメとは異なり、24時間何処にいてもその恐怖から逃れられず、精神的に酷く追い詰められます。

そんなネットの闇に苦しむ学生を救うべく、ネットイジメ対策事業“スクールガーディアン”が画期的なサービス『Kids' Sign』の提供を始めました。

Kids' Sign(キッズサイン)とは

出典 http://www.adish.co.jp

イジメを受けている本人でも、イジメを見た目撃者でも、簡単にスマホから通報できます。スクールガーディアンのスタッフが常にチェックし、早急に対処すべき案件などを学校側に報告し、学校が対処する仕組み。

“学校で定期的に行われる従来の紙アンケートは、いじめの情報をリアルタイムにキャッチアップできないという問題点がありました。そこで当サービスは、子どもたちが「いじめられている」「いじめを見た」といった情報を、いつでもどこでも匿名で書き込むことができる仕組みを構築しています。”

出典 http://www.adish.co.jp

学校側の対処方法がまた重要になってくるかな〜といった感じがしますが、このシステム無いよりはあった方が絶対に良いと私個人は思います。Twitterでもこんな意見が。

“@kyouya_hazaki: 実際として通報内容の検証の方法論や、システムに対しての教師やそれに関わる人たちの理解、対応についてどれだけ出来るか問題?

出典 https://twitter.com

シビアな意見ですがまさにその通りかもしれないです。

STOP!T (ストップイット)

出典 http://news.livedoor.com

実はアメリカでは一足先にこのような匿名通報サービスが提供されています。
STOP!T(ストップイット)も生徒がいつでも匿名で通報できるアプリで、実際にイジメの報告が減っているといいます。大変好評なんだそう。

“FOXチャンネルのほかにもさまざまなメディアがこのいじめ防止のアプリのことをとりあげ、CNNニュースでは「社会をよくするアプリトップ10」のひとつとして、このstop itを選びました。一番最近このアプリのことを取り上げたのは3月30日のNJTV(ニュージャージー/ニューヨーク州の公共テレビ)です。ニュースによると、現在100以上の学校、5つの国でこのアプリが使用されています。”

出典 http://oceanview2015.com

“「生徒全員が、いじめを通報できるツールをポケットに持っている」という認識そのものが、いじめの抑止につながっている”

出典 http://news.livedoor.com

そうなんですよね。それってとても重要ですよね。

ネットイジメ以外でも、暴力的で残虐なイジメのニュースも目立ちます。このサービスの導入によってイジメが減ることを強く願います。まず、より多くの学校がこのサービスを導入することが最重要ですね。

イジメは学校だけでなく、民間や行政みんなで取り組んでいかなければならない問題だと思いました。キッズサインのように、イジメに取り組む会社や自治体が今後増えることに期待したいですね。

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス