仲間はずれなんて中学生くらいまで、大人になったら皆仲良くやるもんでしょと思ったら大間違い!
実際は大人になっても、飲み会や遊びにその人だけ誘わない、LINEのグループメンバーをその人だけ招待しないなど、特に女の世界では続いていくことが多いです。
しかも恐ろしいのが、はっきり誰かが悪口を言わなかったとしてもみんなから嫌われていると何となく、あいつは外しておこう...という阿吽の空気が出来上がることです。

今回は、そのように嫌われて孤立しやすい女子の特徴をまとめてみました。

自慢が多い

自分の自慢ばかりの人はうっとおしがられます。
最初は話に付き合っていても、段々と周りが疎遠に。
また自分のではなくても、彼氏や夫、子供などの自慢もほどほどにしておかないと面倒くさがられがちです。


幸せモード全開

人の幸せな様子を見ているとこちらまでほっこりしてくる...というのは、その人が分をわきまえているから。
幸せトークも程ほどが丁度よいのです。
特に結婚適齢期で独身が多いなか、結婚生活ののろけ話を延々とする、彼氏がいない友達の中で彼氏とのラブラブ話ばかりする、LINEで連絡がくる度に子供の写真が添付されている...など、度を越えた幸せモード全開はうっとおしいです。
ウエディングハイ、マタニティハイにならないように気を付けたいものですね。


上から目線

時々いますよね、なぜかいつも上から目線の人。
本人に自覚はないのかもしれませんが、「お前の何がそんなに偉いんだ!?」とつっこみたくなります。
このような人はプライドも人一倍高いので、反論すると何倍にもなって返ってきます。
その結果、自然と周りから孤立することになるのです。


自虐の方向がうざい

自己肯定感が低すぎる人です。
周りを笑わせるための自虐ネタは楽しいのですが、単に自分のことを悪くいうだけのネガティブ思考だと、聞き続けている方は疲れてしまいます。
暗い話を聞いていると一緒に暗い気持ちになってしまうものです。

このようなタイプの人の口癖は「どうせ私は...。」「私なんてとても...できない。(謙遜ではなく本気で言っている)」というものが多い傾向にあります。


異性の前で態度が違う

女性と話すときはそっけないのに、男性の前では態度が180度違ってかわいこぶっている...。
一番嫌われるタイプかもしれません。
しかも男は単純なので、コロッと騙されてモテるんですよね。
同性から嫌われているということがどういうことなのか分からない男性も多いようです。
このタイプの人は、女性との折り合いはよくないですが、彼氏や男友達はたくさんいるので寂しい思いはしないことも。


メールや会話が一方的すぎる

会話は言葉のキャッチボールです。
しかし時々、ひたすらボールを投げてくる人がいます。
こちらがどんな話題をふったとしても、「あ!私も○○でさ、...」「そんなことよりこの前ね、...」と全ての会話を持っていってしまいます。
こうなると自分の話はできず、相手の話に延々と付き合わされることになります。
疲れてしまいますよね。


空気が読めない

例えば、妊婦の友達の前で出産することのデメリットを並べ立てる、体重が増えた知り合いに「太った?」と聞く(気のおけない友達は可)、静かにしていないといけない場で騒ぐ、仕事で皆が忙しくしている中手伝わず休憩ばかりしている、急いでいる時に会話を一方的に続けるなど、空気の読めない行動をしていると周りに嫌われてしまいます。
ただし、アスペルガーや自閉症などの発達障害を持っている人も場にそぐわない言動をしてしまいがちです。
どうしてもカチンと来てしまう場合は仕方ないですが、そのような障害でしてしまう人もいることを頭の片隅に置いてもらえると嬉しいです。


いつまでもキャピキャピしている

いつまでも若々しくいることは素敵なことだと思います。
が、明らかに年齢的に無理な格好をしていたり、高い声で騒いだり、ぶりっこしていたりすると周りからウザい!と思われることも。
年齢に合った言動をすることも大切ですね。


悪口が多い

女子は悪口が好きな生き物です。
それは悪口を言うことによって、ストレスを発散したり、一緒に悪口で盛り上がって相手が味方だと確信したいからです。
ただしほどほどにしておかないと、「この人は皆の悪口を言っている。私のことも裏できっと悪く言っているに違いない。」と距離を置かれることになります。


おわりに

女の世界は恐ろしいです。
何だか最近友達が離れていくな...と思う方は、参考にしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

ぽんた このユーザーの他の記事を見る

2歳の息子の育児に奮闘中です!

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら