みなさんは音楽をよく聴きますか?どんな音楽を聴くことが多いですか?ヒップホップ、ゴスペル、クラッシック、バラード…音楽は実に幅広いジャンルのアートです。好きなシンガーがいる人はその人の曲ばかりを聴くということもあるでしょう。また、ドラマのテーマ曲が耳に残って離れない、という経験をした人もいるかと思います。

一般的に、私達は悲しい音楽を繰り返し聴くという傾向にあります。「悲しい」という感情は、人の心を揺さぶり、ネガティブ思考に陥りやすくするにも関わらず、なぜ悲しい音楽を何回も聴いてしまうのでしょうか。

悲しい音楽はロマンチックな感情をもたらす

Licensed by gettyimages ®

理化研究所(理研)東京藝術大学の共同研究では、「悲しい音楽はロマンチックな感情を呼び起こす」という結果が出たそうです。人がその音楽がどういう音楽かを判断した時、自分自身が経験した感情との不一致が生まれた瞬間に、その音楽に対し悲しみよりも「心地よさ」を感じるということが研究結果で明らかになったそうです。

自分の経験上にはなかったことが音楽により生まれる

Licensed by gettyimages ®

悲しいドラマや映画を見て、その世界に感情移入し涙を流すように、悲しい音楽でもまた人は感情移入してしまうものなのです。つまり、悲しい音楽を聴いて自分の経験上にはなかった悲しみを想像することで、悲しみとは対極のロマンチックな気持ちが生まれ、快感を感じながら悲しい音楽を楽しむというポジティブさが生まれるようになるのです。

また、音楽は最高の癒しでもある

Licensed by gettyimages ®

一般的に音楽は私達にとって癒しです。「人生になくてはならないもの」として音楽を挙げる人も多いでしょう。悲しいドラマを見ながら涙が溢れるように、悲しい音楽を聴いたりして泣けてくる時もありますよね。音楽は人の心の浄化作用の役割も担っているのです。

悲しい歌ほど印象に残る

Licensed by gettyimages ®

感情的な部分で「悲しい歌」は人の心とリンクしやすいのかも知れません。映画でもドラマでも同じ。悲しいシーンは何故か心にいつまでも残るもの。音楽は人の心に直接触れるものですから、悲しい歌は、より人の感情を揺さぶり何度でも聴いてしまうのでしょう。いずれにせよ、何度でも聴きたいと思う歌はそれだけいい歌なんだということですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら