需給のギャップ。
現在高齢化率は上がっても、高齢者人口は変わらないのに、減少する地方もある。
介護移住の動きがあるからです。
これは、サービスを受けるために、住み慣れた土地を離れるという現象が起こっている訳で、場所によってはバランスが保たれていたり、逆に持て余している所も少なくない。
市区町村が役割を担っているしくみに問題がある。
高齢者にとって、住み慣れた土地から離れるという事が、精神的にどれだけの悪影響を及ぼすか、身体への負担が懸念される。

医療技術進歩や栄養改善、環境衛生向上から、現在のまま推移して行けば、高齢者の割合が増える事は間違いない。やがて、前期高齢者を後期高齢者が上回る時が訪れます。
日常生活で支援が必要な方が増え、老老介護も長期化、重度化していく問題がある。
今後増加傾向にある在宅介護に於いて、老夫婦だけの世帯で、どちらか一方が欠けた
場合、入院したり、退院後リハビリが必要だったりする。施設入所順番待ちという現状から、外部の力を借り、自分で介護生活を営むこととなる。

在宅の場合介護者は訪問する立場で、各家庭のルール、家族関係を把握し、より深く多くを知る必要があります。人対人の関係、多職種との連携を取っていても、
踏み込んでも良いとされる領域、線引きは難しいものがあります。
短時間でリレーのように入れ替わり生活援助していくわけで、時間内に作業をこなし、
日常生活の維持継続に視点が置かれている。
本来の目指すべき介護とは、可能な限り住み慣れた環境の中で、最後まで生きがいのある、自分らしい人生を送れるように、寄り添う援助です。
訪問介護の現状で、対象者との信頼関係を、如何にして構築して行けるのでしょうか?
従来家族が担っていたシャードウワーク、仕事として利害関係を生むのであれば、
目標、評価による報酬を成立させるしくみを取り入れる必要がある。
やりがいを持つ事が、質の向上に意識づけて行くと考えるからです。

家庭生活における個人の尊厳、家族への気配り、信頼関係が重要であり、
高齢者の年代も、社会背景世代毎に大きく異なる事から、今後の在宅支援・援助において、問題視される危険性が高くなると推測できる。
また、対象となる高齢者と共に、その家族の年代も変わって行く事を知っておく必要がある。
日常生活動作、身体面での援助は必要不可欠ではあります。しかし、生きてるからこそ出来る事、対象者の可能な願いに応えるフォローをして行く事が一番大切だと訴えたい。
一つ間違えると命にかかわる問題であったり、代償も大きい。
そのために、安心できる受け皿だったり、介護する側の護りは必須です。

自宅で、家族や親しい人々と、不安のない生活を送りたいという思いに応え、
生活を続ける為の援助を、家族と共に出来る事が理想です。
奉仕の精神、無償でなければならないと思うのです。
全ての人間が持つ感情にある偏見のない愛、正しい心で慈しみ、接して行く事が
価値あるものとなるのです。

この記事を書いたユーザー

べべ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 社会問題

権利侵害申告はこちら