照明は天井にあるもの!? その認識を崩してみませんか?

部屋を明るくする照明ですが、部屋の真ん中に丸いシーリングライト一つというのが当たり前だと思っていませんか。
実は照明にはたくさんの種類があり、空間づくりを考えるうえでの影響はとっても大きいのです。
今回は建築化照明と言われる、設計の段階でプランできる照明をいくつかご紹介します。

【間接照明の世界】コーブ照明:天井を明るくする

 天井に段差をつけて、その内側に蛍光灯やLEDなどの照明を仕込み、光源が見えないようにして天井を照らす照明です。
天井を照らすので光源は上向きですが、天井の広い範囲で反射した光が優しく空間を包み、段差のある天井が豪華なイメージを演出する照明のプランです。
リビングや客間はもちろん、モダンな和室にアクセントとしての使い方も素敵ですね。

 好みのテイストによって、天井の一部の壁面に沿って配置し空間に奥行き感を出すなどの方法もあります。さらに天井がを高く広く見せる効果もあります。
 さらに光源が見えないので、寝室に採用すれば寝る前に強い光を浴びることがなく、リラックスした状態で質の良い睡眠を得られるのではないでしょうか。

【間接照明の世界】コーニス照明:壁を明るくする

 間接照明のなかでも、壁を明るくする照明を「コーニス照明」といいます。これは、明るくしたい壁面の天井部分をくぼませてそこに照明を仕込み、壁に照明を当てることでそこで反射した明かりが優しく室内を照らします。
 設置する場所は、窓やドアがないフラットな壁面を選ぶとよいでしょう。光が美しく広がる場所を選ぶのがポイントです。
 よくリビングでテレビの背面の壁を照らしている設計を目にします。その場合は設計の段階で家具の配置や壁の使い方など住宅会社のプランナーと相談してみても良いかもしれません。

 そして、トイレや廊下にもおすすめです。
 なぜなら夜間トイレに行く際に直接的で明るい照明を目にしてしまうと眠気が覚めてしまいますが、間接照明を使うことで穏やかな光のなかベッドに戻ることができるでしょう。

【まるで間接照明?】ブラケットライトの活用

 照明のなかで、壁に取り付ける照明を「ブラケットライト」と呼びます。
玄関のポーチを照らす外壁についている照明も、室外用のブラケットライトの一つです。ブラケットライトにはさまざまなデザインがあり、光源を覆うシェードが透けるものや透けないもの、スポットライトのように壁を照らすものなど、アイテムによって光のバリエーションも多く、使い勝手も広い照明です。

 ブラケットライトは、寝室のベッドまわりにレイアウトすると、ホテルのような雰囲気を演出できます。そしてスイッチはベッドでON・OFFできるようサイドボードの高さを超える位置で設置することをおすすめします。
 寝たまま読書を楽しみ、温かい布団から出ることなくスイッチを消して休むことができるのはうれしいですね。

 シェードが光を通さない場合は間接照明のような演出ができるものがあります。
 デザインも多いので好みのテイストに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 あなたの憧れのマイホームはどのような家でしょうか。
 仕事から帰ってきて、リビングやダイニングで家族と過ごし、寝室で身体を休める…。 家というのは日々の生活の中で一番温かく、幸せを感じる場所であってほしいと願います。
 壁紙や床の種類、家具やカーテン、家づくりには決めることが多くあります。その中でも、一番家に居る夜の時間を照らす照明も少しだけこだわって、家族のお気に入りの空間を作ってみませんか。

この記事を書いたユーザー

いとうゆき このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら