キッチンばさみ節約法

一人暮らしの台所は狭くて、場所をとってしまってキッチン用品は使いたくないもの。

そこでお勧めが、キッチンばさみで、葉物野菜、ネギなどキッチンばさみを利用して、大きなまな板を利用しなくても材料をカット可能。まな板を洗う手間が省けて時短になります。


フライパンに残った肉汁がもったいないといったとき役だってくれるキッチンばさみ。
肉を塊のまま焼くと、あとからキッチンばさみでカットするだけで、肉汁がもれなくジューシーに仕上げられます。

イワシ、小魚をさばくとき、これが便利で、まな板の上でさばけば、新聞紙、キッチンペーパーを引いても汚れてきますが、ハサミを利用すれば心配いらず。

こつは魚の小骨に沿いはさみを入れていくことで、柔らかな魚も下処理を簡単に行えます。


簡単な節約で利益が生み出せる

大きな買い物の支払いが同月に重なり、支払期限が迫ればだれでもストレスになりますが、出費を減らすため物事を組織しなおす時間がないと思ってしまうでしょう。


お金をうまく利用する技術を知っておけば、出費コントロールができストレス軽減に。

買い物リストと同じように、出費予定に関してリストを作り、優先順位をつけていき、家賃、光熱費など月に必ず出るものと突発的に生じたもの、少し支払いの期限が先という感じにジャンル分け。


簡単でいいですから、家計簿をつけてください。収支バランスが一目瞭然で、反省しやすくなります。

リストにある支払は緊急なものに見えますが、実際重要ではない支払いがないかチェックを。


ある経済学者が定めた法則に8:2の法則があり、これは、結果の約8割をうみ出すのは原因の約2割にあるということ。

貴方が終われている予定外の出費の8割は衝動買いした2割が原因かもしれないです。

大きな買い物をするとき、即決しないで、今必要な物かといったことを考えてください。

自分のお金管理がうまくできると、毎年の支払が終わるたび充実した達成感が出て、ローンの支払い含めうまくやりくりできるようになります。




キャベツの山椒炒め

キャベツの山椒炒めの作る方法。
材料は2人分

キャベツ 8枚
サラダ油 大さじ4
砂糖 小さじ2
唐辛子 2本 輪切り状
山椒 15粒
醤油 大さじ1 1/2
酢  大さじ1 1/2
味の素 微量
塩 微量

キャベツは手で引き裂き、その後、葉と茎を分け、葉の部分だけ利用。

鍋に火をつけサラダ油を入れて、熱くなれば輪切りにしたトウガラシ、山椒を入れ、中火でトウガラシ、山椒は香りが出るまで15秒ほど炒める

黒くならないように注意。

キャベツを入れて中火1分ほど炒め、砂糖、塩、味の素を入れよく炒めます。

キャベツが柔らかくなれば、しょうゆ、酢を入れ、しょうゆ、酢は直接キャベツに欠けると利用理が水っぽくなりますから、しょうゆ、酢はキャベツを避けて鍋に欠けるといいでしょう。

醤油、酢を入れたら、強火で手早く炒め、器に盛って完成。

キャベツは茎が硬く、葉の部分だけ使うのが大事。


一人暮らしの買い物テク

一人暮らしの学生は、ドリンク、ごはん、お菓子など買っているでしょう。
コンビニは便利ですが、スーパー、ディスカウントストアに比べて割高。
かしこくかいものをしてください。


買い物回数は多くなるほど、無駄な物を買ってしまいます。買い物はこの一決めスーパーに行ってください。ポイントはコンビニに行く回数を減らすこと。


買い物時、買うものを書いたメモ帳を持っていくといいでしょう。


買い物かごをカートに乗せれば長居してしまうもの。


逆にかごを手に持つことで、自分が持てる範囲しか買わないですから、余計な物を買いにくい。自転車で買い物に行き、持ち帰れないぐらい買ってしまうこともなくなります。

家の周りのスーパーは、自分御家近くのところにしてませんか?
スーパーは安売りの日があり、目玉商品が特定の曜日に多いといったことがあり、自分尾都合とスーパーの安売りの日を照らし合わせ買いに行ってみましょう。

コーヒー、ティッシュなどあすぐになくならないものは安い日にかってください。連れぐらいの値段が一番安いか把握していれば、いい判断となります。

一人暮らしの買い物は賢く利用したいもの。ペットボトル一つコンビニは150円し、スーパーは100円と50円も差があるのです。



この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら