ペットのように育てる母親

児童虐待が問題視され、児童虐待相談件数が、23年連続で過去最多を更新している日本にとっても他人事とは思えない、考えさせられる事件がこの度フィリピンで起こった。

心苦しくなる悲惨な事件とは

幼児が裸で、汚い地面に"はいつくばり"、首には紐を巻かれて犬のように引っ張られてドックフードを食べさせられている動画が発見された。

なんと、動画をフェイスブックに投稿したのは、赤ちゃんの母親だったのです!自ら我が子の悲惨な姿を動画にとりアップする、そんな痛ましい事件にも拘わらず、動画を見てみると複数の大人の足も映っていた。

その悲惨な動画を発見したのは、アイルランドで児童虐待防止活動をしているラーリーン・ヒリアードさん(46歳)。フェイスブックをチェックしていて発見し、怒り奮闘と共にすぐさまアメリカの警察に連絡。アメリカ当局からフィリピンに告げ、フィリピン警察が動きだした。

フェイスブックの虐待動画を見た人たちからは、非難する声が虐待行為を非難するユーザーたちによってコメント数も膨大となり、母親は怖くなったのか自ら警察に出頭した。

全国の児童相談所が対応した児童虐待の相談件数

小さな子は、虐待と言う言葉も分からずに虐待されている子は後を絶ちません。もし近所や日常で虐待が行われているかもと思った場合は児童相談所又は福祉事務所へ相談し、深刻化する子どもへの虐待を少しでも減らす手助けをしよう。

●ニュース情報元Dailymailでは、今回の事件の画像が載せられています。裸で虐待をされている画像の為、見る方前に注意してください。

この記事を書いたユーザー

White.S このユーザーの他の記事を見る

季節やイベント毎に、リビングのインテリアを飾ることを楽しんでいる今日この頃。リーズナブルに見えないおしゃれなものを見ると嬉しくて記事も執筆しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • おでかけ
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • ゲーム
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス