私の強烈な初恋

出典足成

私の初恋は小学5年生の頃。
隣の席になった男の子にドキドキしたことをよく覚えている。
そのドキドキが恋だとわかったのは、席替えした後でした。

その男の子とはなんと小学1年から中学3年の9年間も同じクラス。
まさに勝手に私だけにとっては「運命」だと思っています。

中学生になって学ラン姿の初恋の人はかっこよく見えました。
その頃から、初恋の人と恥ずかしくて話せなくなってしまって。
ずっと見ているだけで、ときめいてそれだけで十分でした。

私は剣道部で、よく防具が汗臭くなっているので部室のドアを開けっぱなしにしていました。
そこから、グラウンドの野球のマウンドが見えます。
私の初恋の人は野球部のピッチャーをしていて、気づかれず眺めることができて、それだけで良かったです。

そのまま中学ではあまり会話すらせずに、卒業を迎えました。
高校は別の学校を私が選択しました。
本当は初恋の人と同じ学校に行く話になっていましたが、私からそれは止めたいと思って、わざと違う学校へ進学を決めました。
なんだか、また同じ学校だともう私は成長できないと思ったからです。
ずっとずっと初恋の人が目の前に居るのは、忘れられないだろうからと思ってのこと。

人生初告白を手紙に

出典足成

その高校進学を前にした春休みに友だちから初恋の人にラブレター書いたら?
と勧められました。
今までずっと好きだったのに告白しなかったのは、自信がなかったからもありますが、田舎の中学校で、告白してフラれたらみんなに知れ渡ってしまうからもありました。
手紙なら、思いを書くことはできるし、フラれても誰にもわからない。
そう思い立って、その友だちが見守る中、私は人生初の告白を書きました。
えいっとポストに手紙を入れた時、なぜか終わったと思いました。
そう片思いが終わったと感じたのです。

それから返事が来ないので、諦めていた頃でした。
名前のない手紙が私の元へ届きました。
私はすぐにピンっときて、自分の部屋でその手紙をあけました。

そこには「僕には彼女がいるのでそういう関係にはなれません」と書いてありました。
そこには彼女の名前もあり、その手紙の封筒は明らかに女の子のもの。
そう、私の片思いの末の告白は、その彼女の女の子に知れたのです。
私のことをどう思っているのか、それは最低限知ることができると思っていました。
でも、そこには好きだの嫌いだのという言葉は、一切なかった。

その女の子はどこにでも居る学校のマドンナ的な女の子で。
もちろん外見が可愛いからモテるし、実際田舎の中学校でその女の子だけ男の子とお付き合いをしていました。
それは、いつも学校で目立ちはじめた男の子ばかり。
友だちの好きな人と付き合ったり、いつも男の子をとっかえひっかえしている人でした。

好きになるのに「前から」とか「最近」とか関係ないとはわかってる。
けど、私は5年間も片思いしてて、その間も彼女になった女の子はたくさんの男の子と付き合っていて。
初恋の結末としては、私としては納得いかなかったけど、初恋の人が彼女にその人を選んだのだから、しょうがないかと思って高校へ進学。

初恋の人に赤ちゃんが!?

出典足成

しばらくして、その初恋の人が結婚したという情報が入り、えぇぇぇっと人生最大に驚きました。
相手は誰なの?まず最初はそこから。
で、なんでこんな歳に結婚できないのに、決まっているの?
すると、発覚したのは初恋の人にはもう子どもが居たのです。
これは高校生にしても、かなりのショックを受けた私の初恋のてん末。
相手は、私の知っているあの彼女ではありませんでした。
進学先の高校の先輩との間に子どもを授かって、結婚をするために18歳になるのを待つとのことでした。

でも、私の選択はある意味正解?と思ってるんです。
だって同じ高校に行ってたとしたら、実際に見ることになってリアルにもっとショックを受けたに違いない。
でも、選択した高校が女子高だったので、せっかくの少女漫画にありそうな青春ラブストーリーみたいなことは一切無縁でした。
これも、今振り返ると共学にすれば良かったと遅すぎる後悔をしています。

すべての人に「初恋」があると思います。
だけど、こんなに豪快な展開をみせた初恋って私だけと思っています。

いまだに、学ラン姿の初恋の人が夢に出てくるのです。
無意識で夢を見ているのに、もう何十年前の姿そのまま色あせないで私の夢にでてくる。
そうするともしかして、まだ私はあの頃の初恋の人に、恋してるんじゃないかと思ったりします。
恋は目には見えないし、自分の自覚の問題でもあるから、果たして私の初恋が完結しているかは、実は私にもよくわかりません。
なぜだか、あれから好きだと思う人は初恋の人の「坊主頭」「ゴツイ」特徴と同じです。
もういい加減に歳なので、初恋の人から離れたいなと思ったりします。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス