年々、ハロウィンが日本でも盛んになってきており、多くは「バレンタイン商戦」のような商業的な盛り上がりのように思いますが、かわいらしい仮装やハロウィンの食べ物、ハロウィンパーティーなど、何やら楽しそうなイメージをもたれやすい行事です。

出典PHOTO;牧師の妻

ハロウィンの始まり

ヨーロッパで年に一度、悪霊や魔物が死者の国から出てきて、人々の魂を取り込んで自分の所に帰ると考えられていた日がありました。

昔、ヨーロッパでキリスト教を広める際に、この日をはじめケルト民族の風習を取り入れたことが始まりだったようです。

ケルト人の1年の終わりが10月31日で、カトリック教会は翌日の11月1日を「諸聖人の日」(古くは「万聖節」)していました。

諸聖人の日の英語での旧称"All Hallows"のイヴeve(前夜)、"Hallows eve"がなまって"Halloween"と呼ばれるようになったとされています。

諸聖人の日は、7世紀頃までは5月13日に祝われていましたが、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗する過程でケルトの収穫祭に合わせてカトリック教会が諸聖人の日を11月1日に設定したとされています。

出典PHOTO;牧師の妻

ハロウィンの一般的な過ごし方

ヨーロッパなど海外でのハロウィンの一般的な過ごし方は、31日の夜、カボチャをくりぬいた中にろうそくを立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねます。

「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないといたずらするよ!」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱えながら家々を回ります。

家庭では、パンプキンパイなどカボチャのお菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりして楽しみます。

お菓子がもらえなかった場合は報復のいたずらをしてもよいルールがあるそう。

ハロウィンに仮装をする理由は、悪霊や魔物に乗り移られることがないように、悪霊や魔物の目をごまかすため、自分たちも仮装し、恐ろしい姿をすることで悪霊や魔物が逃げていくようにしていた、ということです。

教会とハロウィンとの関係

「ハロウィンって教会と関係あるの?」と質問があったのですが、関係があったのはカトリック教会で、プロテスタントでは歴史的な関係などはなかったようです。

カトリック教会では諸聖人の祝日は祭日としていますが、10月31日のハロウィンに関しては祭日ではなく、典礼暦(教会暦)にも入っておらず、教会の宗教行事・公式行事として行われることはありません。

カトリック教会を含めキリスト教の多くの教派・教会では、信徒が民間行事として楽しむことを容認していますが、キリスト教本来の習慣ではないのでプロテスタントでは多様な見解があり、福音派の中では否定的見解が多く、「教会とは全く関係がない。」とするところが多いです。

ameblo;牧師の妻 こころのブログ

この記事を書いたユーザー

牧師の妻 このユーザーの他の記事を見る

東京基督教大学神学部神学科卒、webライター1級

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 国内旅行
  • 育児
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら