バレンティーノ・ロッシという人物をご存じだろうか。

史上最高のライダーと呼ばれているオートバイレーサーです。

その史上最高のライダーに挑むために、ヤマハ発動機から人間用のバイク YZF-R1M を乗りこなすロボット MOTOBOT を公開いたしました。

話題のMOTOBOTはこちら

出典 http://japanese.engadget.com

見事にバイクを乗りこなしているように見えます。

このMOTOBOTは、最終的な開発の着地地点として、ロボットによるバイク運転の完全自動化を見据えてはいますが、まず「人間ができることの限界」を極める道を選んだとのことです。

しかし、いまだ開発段階であり、MOTOBOTの関節などは固定されており、自立歩行まではできないことが伺えます。

開発段階でありながらも、すでにバイクは乗りこなしているMOTOBOT

このMOTOBOTは内蔵センサーで速度やエンジン回転数、角度などの数値を取得し、すでに時速100kmの高速走行やスラロームなど、基本的な走行が可能になっているのだそうです。

このプロジェクトは、史上最高のライダーであるバレンティーノ・ロッシにどこまで近づけるのかを当面の目的としているそうです。

しかし、技術の発展はここまで来ていると思うと夢が広がりますね。

このMOTOBOTがロッシに挑み、勝つところを想像してみると……思わず鳥肌がたってしまいますね。

今後のMOTOBOTの発展に期待ですね!!


▼バイクを乗りこなすロボットはコチラから

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら