鳴子峡、新そば、歴史。そして最上町。

10月28日 水曜日。
鳴子峡に行ってまいりました。
我が最上町の県境からわずか10分ほどで
この世界を見ることができるのです。
今日は、11時頃に通過する「陸羽東線」を狙います。

自分のブログです。

この記事を書いたユーザー

小林 守 このユーザーの他の記事を見る

1967年、やまがた最上町生まれ。1991年~2008年は小学校の教諭。
登山、ツーリング、カヌーなどをやってきたが、現在は「馬による町おこし」に挑戦中。
前森高原を舞台に「自分と最上町の可能性」を追求している。
NOLS「Diploma」学位取得。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス