キャラ弁の時代

出典いらすとや

今の子どもたちのお弁当と言えば「キャラ弁」だろう。
でも、ごく最近になってからというイメージがある。
そもそも料理センスのない私からするとキャラ弁なんてレベルが高すぎる。

私たちの時代は普通のお弁当

出典足成

私たちの時代は完全に「普通のお弁当」だった。
中学生の頃は土曜日に午後から部活があるため、友達と輪になってお弁当を食べたのをよく覚えている。
みんなが昨日の夕飯のあまりだったり、冷凍食品が当たり前だった。

その当時でも私のお弁当は「面白い」と友達に言われていた。

お弁当に焼きそばが・・・

出典足成

ある日、お弁当のフタを開けたら「焼きそば」がいっぱい入っていて。
それを見た友達に大爆笑された。
私もなんで焼きそばが?
と自分でも疑問に思ったぐらい「焼きそばのみ弁当」が登場したのだ。
母いわく「めんどくさかった」そうです。

あとは、フタを開けたら、パンパンにオムライスがデーンと入っていたことも。
それも、見た友達が大爆笑。
まさしく「オムライスオンリー弁当」が登場。

いつも私のお弁当は面白いねって言われていました。
焼きそばとオムライスがお弁当で登場って結構珍しい。

それの上を行く友達のお弁当があった。

水筒にはお湯、そしてコレが入っていた友達

出典足成

お弁当の包みを開けた友達がビックリしていた。
なんと出てきたのはカップ麺だけ。
そして、持ってきていた水筒の中はお湯。
自分でお湯を注いで食べようというお弁当の登場はクラス中で大騒ぎになった。

その子もやはり中学生の思春期。
家に帰って、これを持たせたお母さんに猛反発したと言っていた。
自分のお弁当がクラス中にカップラーメンと知れ渡るのは、中学生の女子には結構ヒドイ体験だとも思う。

言っておくと。
お弁当を作ってもらうのは当たり前なことではありません。
毎日、毎週作ってくれるお母さんに感謝すべきことです。

私なんかこの焼きそばのみ弁当もオムライスオンリー弁当も好きでした。
母さんには友だちがビックリしてたとは言ったかもしないけど。
でもそれである意味、中学生だった私たちは盛り上がった。
今でも楽しい思い出。

今のお母さんたちは本当に大変だと思う。
キャラクターを作る前提で食材から考えるなんて。
そんな時代が来るとは思ってもみなかった。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら