長生きにはホルモンが関係?そのホルモンは増やせる!誰もがひそかに気になっている(?)この話題。一体そのホルモンて?増やすにはどうすればよいの?改めてここで迫ってみましょう。あなたの生き方が今日から変わるかも・・・

この3つです。

Licensed by gettyimages ®

若さには、もちろんおしゃれ心も大事!

長寿者の長生きの秘訣は、ある3つのホルモン!特にスーパー長寿といわれる人は、この3つのホルモンの量や働きがとりわけ優れているのです。その3つとは、インスリン、アディポネクチン、DHEAーS。

インスリンは血糖値を下げるホルモン。糖尿病とも関係の深いことでおなじみです。スーパー長寿者には、実は糖尿病の人が少ないのです。インスリンが過剰になると、糖尿病を発症する危険性も高まります。長生きの秘訣はまず、インスリン濃度を低く保つことなのです。

続いては、アディポネクチン。アデイポネクチンには、血栓予防や動脈硬化予防、更にガン予防、肥満の解消、コレステロールの正常化といった働きが。しかもアデイポネクチンは、なんと内臓脂肪細胞から分泌されるのです。

3つ目のホルモンは、DHEA-S(デヒドロエビアンドロステロンサルフェート)。これには脳の神経細胞を増やす働きがあるそう。加えて若返りのホルモンとして新しく注目されています。

 ではこれら3つのホルモンを増やして上手く機能してもらうには。その秘訣を見ていきましょう。

やはり基本です。

Licensed by gettyimages ®

これだけは・・・

まずこれだけは最初に。喫煙は、ホルモンを増やすどんな工夫や努力も無駄にしてしまいます!耳の痛い方もいらっしゃると思いますが。健康と長寿を少しでも願うなら、今からでも地道に禁煙へ取り組んでみましょう。ということで・・・

ひとつ目、インスリン濃度を低く保つには。糖質(ご飯やパン)を食べ過ぎないこと。ゆっくり噛むこと。野菜から食べ、糖質は一番最後に!とこの3点に留意です。ゆっくり食べれば満腹感を得るのが早くなり、食べる量が自然と減ります。更に、血糖値を急いで上昇させる炭水化物は最後に食べると、血糖値の上昇も緩やかですむのです。

二つ目。アディポネクチンの増やし方。それは、継続的に有酸素運動を行い、内蔵脂肪を燃焼させること!大豆、納豆や青魚、海藻類を食べることも、アディポネクチンを増やすためには欠かせません。更に適量のアルコールも、アディポネクチン増加には有効とのこと!あくまでも、適量です。

また、トマトもアディポネクチンを増やしてくれるのではと期待されています。トマトには含まれるオスモチンという植物タンパク。これは実はアディポネクチンと構造が似ています。なのでアディポネクチンと同じような良い作用をするのではないかといわれているのです。

アデイポネクチンは前述通り脂肪細胞から分泌されるのですが。もちろん、だからといって内蔵脂肪が多いほどよいわけではありません!内蔵脂肪が多いと逆にアディポネクチンの分泌が減少。更にメタポリックシンドロームのリスクも高まります。メタボの方、ぬか喜びだったでしょうか?(笑)やはり脂肪は少なめに越したことはないのです。なのでやはり基本、食べ物とエクササイズですね!


実は、このアデイポネクチンを増やしてくれる飲み物があるのです。御覧の通り、そう、我らがコーヒー!カフェイン入りでもレスでもOK。ある研究によると、一日4杯以上飲む人は、飲まない人よりも血中のアディポネクチン濃度が高いとのこと。コーヒー好きの筆者にはまたとない朗報です。

近年色々とわかってきたコーヒーの効果。長寿にも関係していたとは!これでこのところのコーヒーブームに一層拍車がかかりそう・・・

では、三つめのDHEA-Sを増やすには。インスリン濃度を低く保ち、アディポネクチンの分泌を高めること!つまり、何も特別なことはしなくてもよいのです。インスリン低値でアディポネクチンの分泌高めなら、黙っていてもDHEA-Sは増えます。これはありがたい。前記のように、DHEA-Sは脳神経細胞を増やしてくれるので、インスリン低値、兼アディポネクチン分泌高めで脳神経細胞も増えます!つまり体だけでなく脳の長寿も約束されるわけです。

アデイポネクチンを狙って。

Licensed by gettyimages ®

泳ぐのもいいですが。

巷で今とりわけ注目されているであろう抗老化ホルモン、アデイポネクチン。こちらを増やすには、ランニングよりプールとのこと。それも、プールの中をウオーキングするのはたいへん良いとか!確かに水の抵抗を程よく受けますよね。しかも水中ウオーキングは泳ぐよりも疲労感が少ないので、年齢を問わず取り組めて長続きもしやすいのです。

そして、このウオーキングに匹敵するのが足踏み!立って行うのはもちろん、座って行ってもOKです。座って行っても、お腹や腰の奥にあるインナーマッスルを使うので、立って行うのと変わらないそう。パソコンに向かいながらでもできますね!立って行う場合でも、歯磨きしながら食器を洗いながらと、ながら踏みをすればお得。

運動って、何も構えなくとも気軽にちょっとした時間でできるもの。生活の中に上手にエクササイズを取り入れて、アデイポネクチン量をグーンとアップさせましょう!

まだまだ出てくる?

Licensed by gettyimages ®

どんな説が出てくるか・・・?

 日進月歩の医学界。老化を遅らせ長寿につながる研究は、まだまだ現在進行形。これから新たな説が飛び出すことも大いに期待できます。不老長寿は世界中の人々の永遠のテーマですから。

 でも現在のところ良いとわかっていることは、やっておいて決して損はないはず!コーヒーを飲むときも足踏みしているときも、長寿ホルモンが増えているんだと意識することはとても大切。意識することで、知らず知らずにホルモンはどんどん増えていきます。長寿のために自分でできることがあるという事実に感謝しつつ、毎日前向きに進んでいきましょう!

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら