ベトナム本場のフォー!

ベトナムのダナンに到着してすぐ、「いかにも地元」な食堂でフォーを頼んだら、付け合せに香草が山盛りどっさりと付いてきました。一応念のために説明すると、フォーっていうのは薄ひらべったい米粉の麺を使った、ベトナムを代表する麺料理です。

英語も日本語も通じないようなお店だったので、とりあえず身振り手振りでオーダーしたら、フォーと一緒にこの山盛りの香草がやってきたというワケ。一瞬「サラダかな?」とも思ったんですが、どうやらフォーに入れるものらしいってんで、ちょっと味見してみたんですよ。そしたらその味が……えーと、なんて例えたら良いんだろう、「草?」だったんですね。あぁ、子供の頃に興味本位で庭の草を口に入れ、えらく後悔したなぁ、なんて記憶がよみがえってきました。

誤解の無いように言っておくと、日本の味に慣れ親しんだ観光客が初めて食べるその味にびっくりしたから草っぽく感じられたのであって、その後5日間も滞在すると……やっぱり草。でも、不思議なことにその草の味が美味しく感じられるようになってきて、しまいにはフォーにその香草を入れないとちょっと物足りなく感じたり。

ベトナムコリアンダーをちぎって入れてる

で、ですね。話を元に戻して。その山盛り香草をちびっとずついろいろ味見してたら、どうも一個だけパクチーの味そっくりな香草があるのを発見したんですよ。見た目は、なんだか葦の葉っぱみたいな、縦に長くて真ん中を固い筋が通ってる、よく川沿いに生えてる雑草みたいな感じ。見た目は全然パクチーに似ても似つかないんですが、食べてみると確かにパクチーの味がする。しかも、心もちパクチーよりも風味が強い。おいしい!

うちは、家族そろってパクチー好きなので、その「葉っぱ」はプチプチちぎりながらフォーに入れ、おいしくいただきました。

で、帰ってから調べてみたら、その香草の名前は「ノコギリコリアンダー」とか「ベトナムコリアンダー」って呼ばれる、まさにベトナム版のパクチーだったみたい。コリアンダーっていうのは、パクチーの別名ね。「パクチーファラン」とも呼ばれてて、タイ産のものが売られてたり、日本でも栽培している人がいるみたいですね。

というわけで、パクチー好きの方、ぜひ見かけたら食べてみてください。
パクチーが嫌いな人は、こっちはさらにダメだろうけど。

この記事を書いたユーザー

日曜アーティスト TOMAKI このユーザーの他の記事を見る

週末を利用して、趣味の創作活動をしています。写真が好き、文章を書くのが好き。ブログを書いています。
本業は、外資系のデジタルマーケティング代理店でコミュニケーションデザインをしています。
ネバダ州立大学 アート学部 陶芸彫刻学科卒
TOMAKI.jp

権利侵害申告はこちら