だんだんと冷えを感じる日が増えてきて、特に夜は寒さで寝つきにくさや、めざめ時に体が冷えているのを感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな季節に心地よく眠りにつくための方法を紹介します。

1.布団を温めておく

出典 http://www.amazon.co.jp

寒くなると、布団に入ったときに寝具がヒヤッとして、寝つきにくいことがあります。保温性の高い寝具を使うことはもちろんですが、湯たんぽや電気毛布、布団乾燥機などで、あらかじめ布団の中を温めておくとよいでしょう。

湯たんぽには、身体の末端を温めることで入眠時の深部体温の降下を促し、寝付きをスムーズにしてくれる効果もあります。

湯たんぽや電気毛布などで就寝前にあらかじめ寝床内を暖めておくと、眠りにつきやすくなります。個人差や季節によっても異なりますが、寝床内の温度は33℃、湿度は50%の状態が最適とされます。

出典 http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp

2.温かいパジャマ

Licensed by gettyimages ®

気温変化と服装の調整をしづらいのもこの季節ならではの悩みです。

日中の冷えに加え、眠っているときの寝返りによって首の周りや肩のあたりにスキマが開いて、そこに冷たい外気が入ることで眠りが中断されてしまう場合があります。肩の冷えが肩こりの原因になっていることもあるので、スカーフや柔らかい素材の枕などで肩や首周りの防寒対策をするのもおすすめです。

冬は寒さを感じない素材のもの。肌触りが良い素材で、リラックスできるもの。この3つの快適軸が、心地よい眠りに誘うパジャマといえます

出典 http://www.nomu.com

3.布団から出るときはなにか羽織る

出典 http://item.rakuten.co.jp

これからの時期は、布団の中と室内温度との差が徐々に大きくなります。布団の中の温度は冬でも30℃以上なのに対して、トイレや廊下は冷え込みます。

急激な温度変化は、目を冴えさせてしまうだけでなく、血圧上昇を招くなど身体によくありません。温度差が大きくなり過ぎないよう、寝間着の上に何か羽織ったりしましょう。

枕元などすぐ手の届く範囲に羽織るものを置いておき、布団の中で着てしまうのも良いかもしれません。
冷え性の方であれば、厚手の靴下なども履いて寝るかと思いますが、それもまた有効です。

出典 http://news.ameba.jp

4.乾燥をさける

Licensed by gettyimages ®

快眠を得るためには、乾燥を避け、加湿器などを使用して寝室内の湿度を50~60%に保つように心がけるとよいでしょう。

加湿器がない場合には観葉植物を置いたり、濡れタオルを寝室に干すだけでも、かなり変わってきます。

室温を上げるためには暖房器具が必要になります。しかし、エアコンなどを使い過ぎると、湿度が下がって部屋が乾燥しやすくなることがあります。乾燥した状態では、肌の乾燥やかゆみ、静電気などが起こり、眠りの妨げになることがありますし、喉をいためて風邪の原因になることも。

出典 https://asajikan.jp

これから3月くらいまで続く、寒い時期ですが、この期間を快適に乗り切るためにも、ぜひ紹介した方法を試してみてください。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス