水道代を抑え節水

節約したいが何をすればいいかわからない、特に水道は気がつかないうちつかっていたりします。


下着、靴下、ハンカチなどは貯めないで、こまめに手洗いを。洗濯機を使ってよりも水道代の節約になります。


風呂に入ったら行ってみましょう。半身浴しながらしてみたり、トリートメントしながら、その時間を有効利用。そして家族がいれば一番最後に風呂に入って、そのふろの湯で洗ったり。

汚れた皿は洗う前新聞紙でさっと拭いてみましょう。油汚れは落ちにくく、効果的。水道も流しながら洗うといったことではなく、桶に水をため洗ってみれば、水道使用量が減ってくれます。


髪の毛と体を別に洗えば2回お湯で流しますから、両方一篇に洗ってみましょう。最後頭からお湯をかければ全身を効率よく流せます。

普段あまり気がつきにくいですが、水を出して歯を磨く人も多いです。まずコップに水をためてそこに歯ブラシを浸して、歯磨き粉をつけ磨くとコップ一杯で磨けます。

そして出しっぱなしで顔をあらっている方もいますが、排水溝に栓をして水をためたり、小さな桶に水をためてからにしてください。こまめに蛇口をひねる習慣をつければ、節水になります。

水を使っているときは一人のときが多く、家族全員の協力が必要。小さいことでも4人ですれば4倍の量に。


食後のフルーツで消臭できる

ずっと家にいれば生活臭になかなか気がつきにくいです。ですが、家族が外から帰ってきたり、来客があれば、人はその匂いに気がついてしまうもの。急な来客があってもお金をかけないで家の中がいい香りになるような節約術があります。

必要なものは食べ終わった後のフルーツで、オレンジ、リンゴの皮、果汁を絞った後のレモン、ライム
シナモンパウダー



オレンジの皮などフルーツを鍋に入れてフルーツが被るぐらい水を入れて火をかけます。
シナモンパウダーも鍋に入れて、少なくても小さじ1~2パイを。
量が多ければ香りが強くなります。
そのまま蓋をしないで、ぐつぐつ煮込みます。
お湯がだんだん蒸発し少なくなります。
長時間使用したければ、お湯が少なくなってきたと思ったら水を足しましょう。

オレンジ、リンゴの皮、シナモンパウダーをお湯で煮込んでみえrば、家がとてもいい香りになり、リンゴの皮、シナモンは、まるでアップルパイみたいな香りに。オレンジは爽やかで、家の中もリフレッシュ。

レモンは消臭効果があって、焼き魚をして魚臭いといったときに、レモンを活用しましょう。

レモンのときはシナモンパウダーではなくてもよくミントの葉を加えてみてもいいでしょう。

食べた後フルーツでできるのが、この方法の節約ポイントで、焼き魚を食べるときにレモンを絞ってみればおいしいですが、その後のレモンを捨てないで、利用してみれば、家の中の魚の臭いが取れます。

リンゴ、オレンジも同じように摂っておき、芳香剤として使ってみましょう。

GROUPONで宿探し

日ごろの疲れを癒したい、リフレッシュしたい、遠くへ行ってワクワクしたい時に旅に出たくなるもの。せっかくでしたら、豪華なホテルに泊まったり、おいしいご飯を食べたり、温泉に入って贅沢してみたいでしょう。

GROUPONは共同購入型クーポンサイトで、全国47都道府県でクーポン販売しており、このサイトや、毎日配信されているデイリーメールで今どういったクーポンがあるか確認可能。購入するとき支払方法もクレジットから、MobilEdyまで多様で、簡単に購入できます。

購入後使用する店舗でクーポン印刷したものを見せたり、携帯画面を見せれば利用可能。

私はこれまでここを使って色々なホテルに宿泊しました。九州旅行では自然の豊かな宿で1泊2食の温泉宿に止まって、値段は一人1万2千円の物がクーポンによって5500円になって半額以下でとまれました。これでおいしい料理を食べられて、温泉にも入れて旅が楽しめました。

関西に行った時普段止まれないような高級ホテルに泊まれて、値段は一人1万6千円が8千円になり、これも1泊2食付き転園のん腺付きで、料理もエビなどを使った料理でおいしかったです。

メリットは普段止まれないところに泊まれて、半額以下の宿、ホテルで大幅な節約に。1泊2食のところが多くて、食事代削減も。

デメリットですが、土日祝日は止まれなかったり、追加料金を取られたり、宿、ホテルの場所を中心に旅行計画を立てることに。
クーポン購入者が多くて、混雑したら、十分サービスを受けられないなど。


ガス代節約でゆで卵を作る

ゆで卵はおいしいものですが、何か料理に入れたりしてつかったりします。そうした時コンロでずっとゆでているとほかのことができなくて困ったりします。
今回コンロをつかい時間を短縮させてガス代節約になる方法を紹介。

材料

卵1個
数は決まりがなく、何個でもいいです。

小鍋に卵をいれて、かぶるぐらい水を入れましょう。ここまで普通のゆで卵の作り方と一緒。
鍋に蓋し火をかけ、火加減も変わったことがなく普段通りで。

鍋に入れた水が沸騰すると中火で1分加熱。時間が長かったり、短ければその後の調節がしにくく、しっかり時計を見て図りましょう。

1分たったら火を止めて、その後蓋したまま半熟なら5~6分、固ゆでなら10分放置。

好みのかたさになるよう時間を調節しましょう。

好みの湯で加減の時間になって完成。沸騰するまでの間+沸騰してから1分だけの予熱調理。

蓋を使い余熱を逃がさないでやってみれば、コンロを使う時間短縮に。
火にかけてないからといって、忘れて時間を置きすぎれば君が硬くなりますから注意を。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら