巷は10月31日ハロウィンに向けてオレンジで賑やかになってまいりました。

さて、子供たちが仮装してお菓子をよこせと練り歩くと子供の頃に教えられ、最近は若者や外人があっちこっちで大騒ぎする日…。

そして、去年はその騒ぎで、各地の街がゴミだらけで…。若者がゴミ拾いのボランティアをして回るという様子が話題になりました。

しかしながら、このハロウィン…。

元々何だったんだろうと思いませんか?

騒いでいるだけでなんで騒いでいるのかわからない…。
そんな方も多いのではないでしょうか?

実は古代ケルト人の宗教儀式…?

ハロウィンの古代ケルト人の宗教でドゥルイド教の宗教行事でサウィン祭といって、収穫祭と年末の大騒ぎが一緒にやってくる日だったのです。

しかも、この日には先祖と悪霊が同時に街にやってくる日と言うことで、悪霊を追っ払うという儀式も行われるというかなり凄い一日だったのです。

日本で言うところの、盆と正月と収穫祭が同時にやってくるような本当に凄い日だったのです。

更にカトリック教会では…。

キリスト教の行事で聖人と殉職者の為に祈る日であるカトリック教会万聖節(諸聖人の日)が翌日の11月1日のため、その前夜祭的なお祭りとして認識されています。

ちなみに11月2日が万霊節(死者の日)となっている。

ハロウィンの語源は?

万霊節がHallowmasである事からそこにeve(前夜)をたして、なまった結果
Halloweenになったと言うことのようです。
クリスマス・イブみたいなものですね。

他にもサウィン祭からハロウィンに鈍ったやhallow(神聖な)evening(夜)から Halloween という説もあります。

仮装やかぼちゃの意味は?

仮装するという事は悪霊が子供をさらったりするという事で追っ払うために仮面をかぶり薪を焚いた所から始まったようです。


そして、かぼちゃはお守りという意味があり、そのお守りを飾り付けたところから始まったようです。

また、日本のお盆の提灯のような意味合いもあるようで、ご先祖様がちゃんと帰ってこれるようにと言う目印のようなものという事を考えると、実は御札と提灯を足したような凄いものなのです。


何気なく飾っているかぼちゃにもこんなすごい意味があったのです。

Trick or Treat!は現代のアメリカから始まった?

Trick or Treat!という掛け声は元々合ったものではなく、現代のアメリカで始まったもののようです。

元々はお祭で余った食料を子供がもらっていたというのを真似してお菓子を貰って回っていたというようなもののようです。

色々文化が混ざったお祭りだったのです。

古代ケルト人のお祭りから始まり、キリスト教、アメリカと文化が流れて入り混じったものが日本にも入ってきたという文化の融合がハロウィンなのです。

そう考えると馬鹿騒ぎの中にも歴史や文化があるんだなと、ちょっと感慨深く思ってしまいました。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら