10月は全国に祀られている神様が出雲大社に集まる慣わしがあり、神様が不在の月で「神無月」と呼ぶ、という説が有名ですが、これは中世以降の後付けです。

俗信が広まった理由

神無月の正式な語源はわかっていません。ただ、「神無」という字から神様がいなくなると考えられるようになり、この説を出雲大社の御者が全国に広めたのです。

神無月には地震鯰が大暴れ?

江戸の庶民の間では地震は地中の大鯰が暴れて引き起こすものだと信じられていました。過去に神無月に起きた地震のいくつかは、要石で地震鯰を押さえている鹿島大明神が出雲に出向いて留守だったために起きたと伝えられています。

10月神様不在説が広まるにつれて、留守番をする「留守神」も考え出されました。鹿島大明神も恵比寿様に見張りを任せていたようですが、恵比寿様ではちょっと睨みが利かなかったのかも?

神の月で神無月とする説

最も有力な説は神無月の「な」を「の」とする説です。6月を水無月と呼ぶように、「無」はただの当て字であるという解釈です。

ほかにも雷の鳴らない「雷鳴月(かみなしづき)」、新酒を醸す「醸成月(かみなんづき)」、新嘗の準備をする「神嘗月(かんなめづき)」が転じて神無月になったという説があります。

10月にお参りをすると損?

とはいえ、神無月になると神様が出雲に旅立つ、という説も根強く信じられています。今でも出雲大社では全国の神が集う「神在祭」という神事が行われています。

そんなことから10月に神社にお参りしても意味がないのではないかと心配される方もいますが、いつお参りされても全く問題ありません。

日本の神様はその時々でいくつにも分霊することができます。

たとえば正月飾りの飾り松、年棚、鏡餅などのすべてを歳神様は依代とします。分霊を使えば留守神さまを頼る必要もありませんね。神社が空になることはないのでご安心を。

神無月でも各地の神社では祭事を行っています。なぜ神様がいないのにお祭りをやっているの?と不思議に思う人がいたら「神様はいますよ」と教えてあげてください。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス