オール電化で電気代節約

安全で便利なオール電化の家庭が近年増えてますが、ガスの家庭なら、電気代やガス代、灯油代とばらばらの光熱費を一括管理可能で、節約しやすいです。

オール電化の家はデイタイム・リビングタイム・ナイトタイム、それぞれ時間帯で電気代が変わって、デイタイムの10~17時は割高な電気台で、あまり使わないようにしてください。

リビングタイムの8~10時・17~22時、ナイトタイムの23~7時はお得です。特にナイトタイムとても安い電気代ですから、とことん活用してください。

朝6時におき洗濯機を回してみましょう。これにかかる電気代が安くなります。夜洗いの方なら、なるべく23時過ぎてから回し、選択がし終わるまでの時間、せっかくですから、ほかの家事もお得な電気代で済ませてください。

食後の食器はすぐにでも洗いたいでしょうが、漬けおきしたほうが汚れが落ちやすくて、23ッ時を過ぎてからにしてください。

そして食器洗い機にセットしてスタート。これを使った場合電気代はかなりやすくなります。食事の下ごしらえもナイトタイムにしてください。夜型の方は23時から、朝早起きの方は7時までにしてしまいましょう。

煮ものは時間がかかりますから、しばらく置き一回さめると味がしみこみますから、ナイトタイムに煮込んでください。

寒い時期は向かないですが、熱い移設、日当たりがいい日は、ペットボトル何本かに水を入れ日光に当てます。水道から直接よりかは温かい水ですから、調理のときゆでるときなど少ない電力で湯がわきます。

使うペットボトルは清潔で水や茶の臭いがないものを使ってください。
なにか野菜を湯でIHスイッチを消し、その後炒め物をする方法は温まるのに電力がかかります。
その日つくるメニューを決めさめてもいい順で調理しましょう。次ついIHを使っていけばヒーターをさましたり温まるような電力を節約できます。

オール電化は便利ですが、今までガスに頼っていた家庭は、すべて一緒になって安くなったかわかりにくいものですが、お得な時間帯を活用してください。

後悔しない年始の節約法

お正月などはお金がかかりますし、新年はちょっと奮発したり、どこでもセールしてますから、無駄遣いしがち。
正月休み明けから、給料日までど乗り切っていけばいいのかと思っている方も多いでしょう。遠方へ帰省する人が悩むものは交通費ですが、一人暮らしでも、家族持ちでもかかるもの。ですが、ポイントを抑えて、交通費節約の手があります。
実家が長距離バスの便がいいところであれば、これがお得で、年末年始の席も余裕があるところが多いです。

ただし、長時間降りられませんから、車酔いする方には不向き。

飛行機チケットは早めに買って、格安航空卯券購入などで安く手に入れられます。航空会社の早割は、今からでは1月半ばの分にないRますから、正月休みをずらしとる方以外は、旅行代理店の格安航空券を利用。
JAL先得割引やスカイチケット

新幹線や特急も早く買うことで安くなり、路線は限定ですが、お得です。

私が子供のころ、お年玉を物でくれたりする方がおり、親が買ってくれないようなグッズを毎年暮れて、楽しみでした。親から見ればお年玉のお金を貯金することが任氏でしょうが、子供はそうしたお金より物のほうがうれしいもの。
ですがやはり現金よりもお金もかからないのでいいですし、揚げる相手が多ければ、相手の好みがわかれば実践しましょう。

正月休み旅行という考えもあるでしょうが、日本の正月は家族で祝ったりして、人が少なくなった東京や実家でのんびりするのもいいでしょう。
めったに顔を合わせないような親戚の方、いとこと一緒にカルタなどをしたりして満喫しましょう。
正月の初売りはお得なものが多いです。普段よりいいものが買えて、うまく活用し診ればお得です。初売りに行くのであれば、しっかり計画してからにしましょう。


電車代を節約

毎日の交通費でかかる電車代ですが、各種商品を利用してみるとお得になります。

JRは1か月定期割引率は50%ですが、6か月定期購入すれば割引率60%に。
山手線内の区間はJRと東京メトロが共同している区間が多く、乗り換えが不便なら気にしませんが、そうでなければ価格を調べ低い方を利用。

JR東日本が発行するビューカードを使って切符を買えばポイントがたまって、その時えきねっとに会員登録し、切符購入すれば、ビューサンクスポイントになって、通常の3倍多ポイントがたまります。

1.5%還元で、1万円の切符購入で150円分ポイント加算。そして、ビューカードを使って定期券を買ったときも通常の3倍のポイントになり、このポイントで切符購入やショッピング利用も。

通勤定期内でない駅の移動は、特別回数券を使い、曜日限定で土日のみ使用できS足り、通勤時間のみだったりなど制限がある回数券。

制限がありますが、通常10枚購入量で11枚の回数券をかえて1回分のお得。

ネットで駅ネット会員登録して、長距離移動のときは窓口ではなくネットで切符購入。早期割引の適用が有り。そして列車限定で早期割引があって40パーセントぐらいの割引になったり。

特別回数券も金券ショップで売っていたりして、ショップによって割引率は違いますが、定価より2割引きだったり、チェックしてみましょう。

家族で出かけるには向かないですが、一人旅のとき青春18きっぷを使ってみたりします。5日乗り放題11,500円はとても魅力で、特急に乗れないですが、深夜0時を過ぎてからその日の切符が使えるようになり、乗り方次第で1日で東京かR福岡まで行けたりします。

定期券を買う時期はなるべくなら3月、9月に6月定期を買うのがよく、空きや春価格偕成があれば、4,10月に多いですから、値上げ前に半年間の定期券購入できます。



食費節約をする技術

どうやって食費を安くして食生活をするのかは深いテーマです。
私は近所のスーパー3件にだいたい1週間に1回通っていて、スーパーにいけば、つい買う予定がないお菓子、アイスがおいしそうで、手が伸びますが、そうしたものを買わないように、その店でつ会っていい上限額を決めてます。携帯の電卓機能で計算して、肉、野菜などかごに入れ、余った予算でし好品を買ったりします。

長く同じスーパーに行くと、そのお店の強みがわかり、個々はいつもあれが安い、~曜日はこのお店の魚介をチェックなど。

私は近所のスーパー3件に通う時、この食材は~曜日のこのお店と決めたりしてます。

新しくこしてきたばかりのときは、新聞御折込に入っているチラシを活用してみたり、近所の方から情報を聞き出しましょう。

根菜類は台所の涼しいところ、葉物類は新聞紙にくるみ冷蔵庫へなどで、適したところへ保存。
1週間単位で購入しますから、すぐに使わない肉類、魚介類は冷凍庫でラップ氏保存。

1か月の食費(家族4人分)
米 5000円
野菜・フルーツ 4000円
海草・きのこ類 1000円
肉・魚価一ルイ・卵 4000円
乳製品 1000円
計1万5千円

私が20代の料理覚えたてのとき、多くした失敗で本にあるレシピ通りの食材を買わなくてはいけないといったもので、飾り付け、味のアクセントで一寸使うものでも高いけどかってました。

今はそれをやめて、使いまわしやすい食材を先にかって、その中で献立を組み合わせていく方法にして無駄がなくなりました。

料理本を見ていいメニューを取り入れてみてもいいですが、この食材ではなくてもなんとかなると工夫をしてみれば、料理の幅も広がります。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら