私自身の恋愛についての考え方の変化

人を好きになることは、小さい頃からある。
初恋は幼稚園という人も居るぐらい。

でも、恋愛となるとぐっと大人なイメージへと変わる。
恋愛経験という言葉があるように、お付き合いすることも含まれてくる。
人それぞれの恋愛体験があり、その体験から生まれる恋愛の持論をみんな持っている。
これは、その人によって違うものの、語り合うと楽しかったりする。

私の恋愛は20代からになる。
それまではずっと片思いや女子高で男子がそもそも傍に居なかった。
かなり遅い恋愛デビューでした。

20代の恋愛傾向と持論

出典足成

私は20代の頃に恋愛デビューしてから、彼氏という存在を欠かしたくなかったです。
遅い恋愛デビューもあって、彼氏ってこんなに居ると素晴らしいんだと強くインプットされたんだと思います。

私は決してモテるわけではありません。
でも、彼氏を欠かさない傾向がありました。
それは、一途でストレートな恋愛感情を抱くタイプにあります。
だから、自分の気持ちを「ストレートの剛速球」で相手に投げます。
要は相手にストレートでわかりやすい愛情表現をするということです。
この人好きだなって思ったら、告白しようという早い展開。

よく恋愛において、駆け引きが重要と聞きます。
私はその駆け引きをしないで、飛び越えてしまうんです。
ある意味、駆け引きがうまくできないし、めんどくさいとさえ思ってしまいます。

20代はこんな感じで私は恋愛感情が沸くたびに剛速球を投げ続けました。
その頃の私は相手の外見ばかり見ていました。
要は好みのタイプがありました。
初恋の男の子のそのままの感じで「体が大きい」「短髪」な人に恋愛感情が沸きました。
いわゆる「ゴツイ人」ばかりとお付き合いをしていました。

もちろん、告白が毎回うまくいくはずもなくその時点で恋愛終了もあったり。
お付き合いしていて、別れるという失恋も経験しました。
私は失恋すると、自分から別れを告げても、相手から告げられても、かなり泣きます。
要は未練がましい傾向がありました。
吹っ切れるのは、決まって新しい恋愛だったぐらい。
もはや20代の私は恋愛体質だったのだと思います。

あと20代後半になってくるとやたらと「結婚願望」が漠然とでしたが、大きくなりました。
友達が結婚しはじめて、私は焦ったんだと思います。
私も結婚しなきゃみたいな。
結婚は人生を決める大事なこと。
そんな友達がしたからと、焦ったり、真似したりすることではないのですが。
当時は、お付き合いするとすぐ結婚することを思い描くようになりました。

でも、私のタイプで結婚が成り立つ具体的な要素を持った人がいませんでした。
要は、結婚生活が送れるだけの収入がある男性がいなかったです。
急に、結婚を意識すると相手の収入面が気になりだしました。
付き合っている時は、相手の方針にしたがって、割り勘な場合もあったし、彼氏が出してくれることもあったけど、お金に対して気にならなかったです。

これは20代後半女性にあるあるです。
結婚したいのに相手が結婚するだけの器量がない。
結婚したいのに相手が結婚したいのかがわからない。
だけど、恋愛感情があるからお付き合いしているみたいな。

30代の恋愛傾向と持論

出典足成

結婚にせずに30代に突入!
女性は、20代じゃなくて私は30代になってしまったと思います。
この時点で恋愛傾向がガラっと変わりました。

タイプはタイプ、現実は現実だとやっとわかりました。
要は性格や中身が大切だということです。

でもそれに気づいた頃に30代の女性あるあるが訪れました。
だんだんと仕事が楽しくなってきたんです。
ある程度の経験を積んで仕事にやりがいを感じてくる時期になるんです。
そうすると、恋愛より仕事方が上回る女性は結構います。

「今、仕事が楽しいから彼氏はいいや」とよく聞きます。
まさに今の私がその状態になってしまいました。
仕事面が充実することは良いことです。
私も今ライターの仕事でやりがいを感じて仕事が楽しいと感じています。
そうすると、もはや彼氏が要らなくなってしまうんです。
まず、仕事に忙しいと休日は自分のために時間を使いたくなります。
あと、仕事に集中したくなります。
彼氏がいて、ケンカしてモヤモヤした気持ちでいたりという恋愛感情を持ちたくないのです。
よくバリバリのキャリアウーマンとかがドラマでやってますが独身が多いです。
しかも、結婚願望のピークは20代後半で30代ではもはや低空飛行になりました。

でも恋愛をしてから歳を重ねたからこそ持論もあるし、わかったこともあります。
私の場合「復縁はない」という持論です。
私は1度だけ復縁をしたことがありましたが結局別れました。
その人と復縁した期間がもったいないと思ったんです。
どうせ、別れるなら復縁しなきゃ良かったと。
これは20代での経験だったので結婚へ向けて無駄な時間だったと思いました。
それから私の中では、そもそも1度ダメになった愛は復活する必要ナシという思いにたどり着きました。

あと恋愛に置いて「焦ると、ろくなことがない」です。
結婚を焦った20代後半は本当にダメな男性とばかり付き合っていました。
タイプとか超越して、ただただ結婚を私1人で目指していたんです。
いわば、1人相撲をしていました。

こういう経験をして今現在、恋愛すらしたい気持ちゼロにまで達してしまいました。
恋愛しなくても生きていけるじゃんと思ってしまって。
もう縁やタイミングの問題とか。

ただ、恋愛も結婚も素晴らしいとは思います。
結婚するということは最愛の人と家族になれるということ。
ものすごい奇跡です。

まぁ、人生何が起こるかわからないので、結婚への望みは捨てず今のスタイルで生きて生きたいと思っています。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス