とてもショッキングなニュースが飛び込んできました。

なんと、あるものを食べるだけでガンになるというのです!しかも、喫煙と同程度のリスクなんだとか!

食べるだけでガンになる!?

食べるだけでガンになるもの…それは、ベーコン・ハム・ソーセージなどの加工肉

これらは、私たちにとって身近な食べもの。もしこれが本当ならかなりショックですよね。

ソースは、WHO(世界保健機関)の関連機関。とても信頼できる情報です。

危険度はまさかのアレと同じ!

WHOによって危険度が5段階に分類されていますが、今回、加工肉のリスクは最高のランク5に!

ランク5に入っているものは、アルコール・アスベスト・ヒ素・タバコなど。つまり、加工肉はこれらのものと同じだけ危険だというのです!

加工肉=ガン原因物質!?

すでに数年前から、加工肉を食べ過ぎると大腸がんになりやすくなることは知られていましたが、「適量なら大丈夫」と言われていました。

ところが今回は、加工肉の摂取は少量でも危険であること、「ガンになりかねない」ではなくガンの原因物質であるとはっきり表現されています。

この件について、今日あたりWHOから正式発表があるだろうとのこと。今後の動きに注目です!

この記事を書いたユーザー

momoroz このユーザーの他の記事を見る

オーストラリアで育児満喫中。面白くて役に立つ情報を分かりやすくお伝えします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら