神は、  私の労苦と悩みを目に留められました。創世記31:42
マリアの言葉 「私の魂は主をあがめ、私の霊は救い主である神を喜びたたえます。 身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。」ルカ1:46~48
      (ローズンゲン日々の聖句10/26;月)   兄エサウから、長子の権を奪い、父イサクが老齢で目が見えなくなっていることをいいことにして、兄のふりをして父をだまし、祝福(家督相続の権利)を奪ってしまったふたごの弟のヤコブ。  兄の怒りを恐れて、ハラン(メソポタミアの北西部、ユーフラテス川の上流、シリアとトルコの国境のあたり)の母リベカの実家へのがれ、伯父ラバンのもとで20年間を過ごしたヤコブ。 叔父ラバンは、ヤコブに、報酬を与えたくなかったようですが、天の神、主がヤコブとともにおられて、ヤコブの労苦と悩みを見ておられ、ヤコブを祝福し、息子を12人、羊などの多くの財産と使用人を与えて、カナン(今のイスラエル)の地に返されたのだそうです。  二つ目の言葉は、聖母マリアと仰がれる人の言葉なのですね。これ。  天の神、主は、ナザレというユダヤでは評判のよくないへんぴな村里に住む、身分の低い(ダビデ王の家系ではありましたが)、貧しい一人の女性に目を留め、救い主、キリストの母として選ばれたのだそうです。  およそ2000年ほど前、苦難の中にあったヨブが、「私は知っている。私を贖(あがな)う方は生きておられ、後の日に、ちりの中に立たれることを」(ヨブ19:25)と叫んだとおりに。  天の神、主は、私たちとともにおられて、私たちの労苦と悩みに目を留めてくださっているのだそうですね。 「知恵のある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を、この世の取るに足りないものや見下されている者を、あえて選んで、用いてくださるのだそうですね(Ⅰコリント1:27~28)。 今日も。[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ] <ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>[269RANKのランキングサイト]"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス