ほんとに・・?

ワイン好きの方から

『これ、たこ焼きに合うよ。というかたこ焼きにしか合わないかも・・(笑)』
とのコメント付きで戴いたこのスパークリングワイン。
たこ焼き用シャンパン=「たこシャン」との初の出会いでした。

"本当~?"と思いつつ本当にたこやきを購入して
戴いてみました。

tako-cham

本当でした

これ、本当に「たこシャン」という名前でして
粉もん文化の大阪フードに合うスパークリングを
大真面目に開発したものだそうです。

実は大阪は
デラウェアの生産が全国第3位という
立派なぶどうの生産地なのです。

いややわ~ 知らんかったわぁ~ 誰が松阪慶子やねん!


お遊び風なネーミングとは裏腹に、
この「たこシャン」は除草剤を一切使わずに育てた葡萄を用い、
シャンパンと同じ瓶内二次発酵による手間のかかった醸造法で作られています。


辛口寄りのすっきりした風味は確かに
関西の甘みのあるソースとの相性抜群です。

人気のため、地元大阪の消費が90%以上で
関東に出回る機会はほぼないそう。。。


大阪に行ったら是非探してみてな~?


ほんなら。

この記事を書いたユーザー

貞吉なおこ このユーザーの他の記事を見る

横浜・東京で活動するジャズシンガーです。また、第1回「国民的美魔女コンテスト」ファイナリストとなり、Team美魔女メンバーとしての活動もしています。
ブログは
http://ameblo.jp/jazznaoko/
です☆

得意ジャンル
  • 音楽
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス