「マヤベイ」ではあの状態での混雑ぶりで、とても泳ぐとか、シュノーケリングをする様な状態ではないので「マヤベイ」の反対側の「ローサベイ」へ。

ここも昨日来たが、島に上陸する為に泳いだのみでシュノーケリングをしなかったので、今度は少しゆっくりと海の中に入る事が出来た。

この時間帯もロングテールボートで来ているツアーは、こちらから船から泳いであの縄梯子を上らなければならないようです。

「ピピレイ島」、およそリゾートとはかけ離れてしまった光景も見てしまったが、島自体は自然が残っていて、ほんの一部しか立ち入る事が出来ない島。

あのマヤベイの海岸にはどれだけの人数の人がいたのやら、ただ夜になると人が全くいない無人島になります。

ただ何人かの人は勝手に住み込んでいる人もいるようですが・・・。

この「バイキングケープ」もあきらかに人が生活しているような、洗濯物とか干してあったが。

ここはあの高級食材の「燕の巣」あり、それを取って生活の糧にしている人がいるよう。

この「バイキングケープ」の前もシュノーケリングポイントです。

この記事を書いたユーザー

tranning このユーザーの他の記事を見る

旅、そしてランニングに関する事をブログ、facebookに等に紹介しています。
旅に関しての画像を中心の記事がメインと思っています。
今はまだ仕事が現役ですので年に2~3回の海外、国内の旅、そしてにあと少しで仕事が一段落した時に、世界一周に旅立つ予定です。

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • 国内旅行

権利侵害申告はこちら