ピピ・レイ島 マヤベイ

午前中は混雑していると聞いていたが、ここまですごいとは・・・。

前日は「ロングテールボート」でまず裏側の「ローサマベイ」から、泳いで上陸してその前にガイドに20バーツの入島料を渡したが、スピードボートでは直接「マヤベイ」に上陸。

スピードボートツアーは、その分料金も高いので料金に含まれているのか取られませんでした。

ただ時間帯が悪く、プーケットからのワンデーツアーが丁度着く時間に当たってしまい。

これを見れば、ここはあの「ビーチ」の舞台なのか夏の休日の湘南「鵠沼海岸」なのか分りません。

続々とスピードボートがマヤベイの湾内に入ってきます。

中国系の団体のツアー客だけでなく、色々な国籍のツアー客が入り乱れて。
中にはムスリム系の方まで、肌を見せない服を着てスカーフを被ったまま海に入ってます。

「マヤベイ」はビーチにいる人とスピードボートの数を見なければ、やはり「ザ・ビーチ」の舞台だけあり絵になります。

「ロングテールボート」を入れると雰囲気が全く変わり、特に端の方は人が少なく小魚の大群が泳いでいたりして他のビーチとは違う。

午前中だったら早い時間に、午後の少し遅い時間帯がベストなのでは。。。

この日の午前中は天気も曇っていたので、午後になって晴れたのでもう一度午後の時間帯に訪れたかった・・・。

この記事を書いたユーザー

tranning このユーザーの他の記事を見る

旅、そしてランニングに関する事をブログ、facebookに等に紹介しています。
旅に関しての画像を中心の記事がメインと思っています。
今はまだ仕事が現役ですので年に2~3回の海外、国内の旅、そしてにあと少しで仕事が一段落した時に、世界一周に旅立つ予定です。

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • 国内旅行

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス