ガソリン代を抑える方法

ガソリン代が高くなってひさしいですが、諦めてませんか?
誰でも簡単にできるガソリン代節約法があります。
 ゴルフ道具、スキーなど重いものを載せたままなら、それだけで無駄な燃料を消費することに。
約10キロ荷物を載せ100キロ走ったら、100mlのガソリンの無駄になり、なるべく車を身軽な状況にしてください。
暖房運転は人でいう運転前の準備運動のようなもの。エンジンが温まりきらない時に動かせば、しっかり温める多、エネルギーを余計に使って、その分ガソリンの無駄に。
暖房運転は30秒~1分ぐらいの時間すればいいといわれていて、新車でもしたほうがいいです。
急発進、急ブレーキなど乱暴な運転は、ガソリンの無駄な消費になって、穏やかなアクセル操作をしてください。発信時オートマ者ならアクセルを踏まなくても前進するクリープ手減少を利用して、最初5秒で時速20キロを目安に加速すれば効果的。減速時もはやめにアクセルOFFで燃料消費を抑えられます。
これだけで10%の削減になりますから、意識してください。
タイヤの空気圧が指定空気圧から25%低下すれば、100キロの走行当たり200mlのガソリンが無駄に。
さらにスピードが遅くなったり、操縦機能が鈍ってきたり安全面にも問題が出て故障の原因となったりします。タイヤの空気はすこしずつ自然に抜けて、ガソリンスタンドでチェックしてくれますから、ガソリンを入れたとき定期的に確認を。
こうしたことで100キロ当たり約300~350mlの節約に。地球にやさしいので、ぜひ利用を。


誰でも行える節約術

気が付くと財布にお金がなかったり、給料日はまだ先でも、口座の残高が先月よりマイナスになったり、もしかするとこんな言葉をつぶやいてないでしょうか。
仕事休憩中自動販売機でドリンク購入や、コンビニやパン屋に立ち寄りおやつを買ったりするという方も多いでしょう。
借りにそうしたちょっと買いに250円つかっているとして、1か月7500円もの出費に。予定外の外食を合わせれば、あっという間に1万を超えます。
職場にマイボトル持参や、ディスカウントショップでお菓子を安くまとめ買いすれば節約になります。
一人暮らしの方や、学生で、自炊が苦手でコンビニの弁当が多くなる方も多いでしょう。急にすべて自炊するのは大変ですから、まずご飯を炊くことからやってください。弁当を買うよりお惣菜のほうが数十~数百円安くなったりします。
1か月後の差は歴然。
500円玉貯金は有名ですが、続けられないですぐ使ったりといった景観があるでしょう。
そこでお勧めは50円以下の小銭を毎晩財布からとって、貯金箱に入れること。1日ごくわずかな額ですが、1か月や1年続けていくと確実にたまっていきます。

古着で節約するときに注意すべきこと

高くて服が買えないと思い、おしゃれをあきらめている方もいるでしょう。そうした方にとっておきの方法が古着屋で節約する方法。

ですが、古着は中古なので注意しないとお店ではよく見えたのに、来てみると微妙といったことも。
1つの注意点は色変わり、”焼け”。服が焼け傷んでないかみましょう。服は太陽やライトでも焼けますから、服を広げ焼けてないか調べてください。
古着で購入するときに多いのが、シミ汚れ。服の胴を注意深く見れば、点々とシミが有ったり。
色物なら以外に気がつきませんが、購入後よく見ればあったといったことも。
サイズが~だから購入といったことでも古着だとサイズが微妙だったりして、新品のような同じサイズでも同様に購入するのではなく一回試着しましょう。
古着という概念が人それぞれ違い、こんなものも売っているのかとトラブルになりがち。未然に防ぐために試着をしましょう。
ネット販売で注意することですが、ネットの中古店や、オークションの個人販売は試着できず相手の素性を知り買いましょう。
後者のオークションの個人は粗悪な品を写真技術によりごまかして有ったり。それを防ぐため信頼あるところから買ってください。

冬の電気代節約に

冬電気代の明細表を見て驚いた方も多いでしょう。夏に比べ電気代が跳ね上がっている。
実際それはエアコンのせいではなかったりします。
エアコンを使っているとき一番電気代がかかるのが、室内温度を設定温度にするまで。
夏、冬のときで設定温度を25度とした時ですが、まず夏は室温はだいたい30~35度。この室温から25度にするには5~10度下げることに。ですが、冬は室温は大体0~5度になって、25度にするには20~25度揚げることに。
夏と比べ冬は室内温度と設定温度の差が10~15程度違い、このことからエアコンは冬はかなり電気を食っていることに。
節電してくれそうな弱運転モードでエアコンを使ってないでしょうか?あるいは自分で設定温度を設定しつかっている方が節電になるような気がしてくると思います。
ですが実際自動運転モードのほうが電気代は安いです。
エアコンの電気代が一番かかるのは室内温度を設定温度にするまで。一気に室温を揚げる自動運転のほうが電気代を節約できます。それと同じでこまめなスイッチオン・オフも逆効果。
暖かい空気は上に向かって、そのまま溜まる性質があり、扇風機、サーキュレーターを上に向け空気循環してみれば、温かい空気が下に降りて効率よく温かくなります。
エアコンフィルターが詰まってしまうことで性能が落ちて余計電気代がかかります。2週間に1回はフィルター掃除を。
エアコンの使い方の見直し、そのほかの節約術の併用で、さらに効果的節約が。
暖かな空気は窓から逃げ、窓に断熱シートを張ったり、カーテンをなるべく長くしてみて断熱を工夫してみれば、外からの冷気をシャットアウト。室内の暖かな空気が逃げません。
細菌防寒・断熱素材の肌着も一般的になっており、王したものの使用・重ね着などを工夫し、暖房器具の負担を減らすと結果的に電気代が減ってきます。
電気を利用せず環境に優しい暖房器具は湯たんぽですが、最近は冷え取り女子の間でも人気。
気軽に持ち運べて、お湯が沸かせる環境ならどこでも便利。
エアコンの使い方見直し、服、カーテンの防寒や断熱法など、簡単に行える方法が多いですから、ぜひ節電を。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら