車移動費の節約は

最近円安の影響で、ガソリン価格が高いです。普段自動車に乗る方なら、だれでも気になることでしょう。
自動車は動き出す時大きなエネルギーを使いますが、オートマなら、ブレーキから足を話すだけでも、アクセルを踏まなくても動き出します。これを利用し、発信のとき一呼吸おいてアクセルを踏んでください。
そしてアクセルの踏み方は速度上昇に合わせ徐々に踏み増し、目標速度に近づくと、早めにアクセルを緩めましょう。

自動車は同じ速度でも、速度変更が頻繁にされると多くの燃料を消費してしまって、速度変更は、ほかの車の挙動などの状況や勾配、カーブの道路状況により左右されます。そして、こうしたことを予測し、できるだけブレーキをつかわないでアクセル操作で対応してください。
車間距離をとるようにすれば、アクセル操作での対応もしやすくなって、減速するときも、慌てないでゆっくりアクセルを踏んでください。
自動車はアクセルOFF西減速すれば、燃料がカットされて燃費消費量を抑えられます。そこで停止のとき先の交通状況を見て停止位置を予測。そして、適当な場所でアクセルから足をはなして惰性走行を。
梗塞を利用する方は、ETCカードをつけるようにしておけばお得で、休日上限1000円制は廃止されてますが、休日特別割引、深夜割引は3~5割節約可能。
移動時間ですが、朝夕の渋滞を避けることが重要で、自動車は停止回数が多ければ燃費が悪くなり、早朝、深夜でなくても、渋滞時間御前に、渋滞する遅延を通過できるよう予定を組んでください。
こうしたことで、移動費節約ができますが、大事なことはスムーズで安全に目的地に着けること。あまり省エネばかり気にしていれば、周囲の流れに乗れなくなってしまいます。

結婚式の席次表の節約

なにかとお金がかかってくる結婚式ですが、これから始まる新生活のため少しでも安くしたいもの。なんでも式場でお願いしていれば、費用が膨らみます。

招待状、席次表、料理のメニュー表などペーパーアイテムは、自分でも作れるでしょう。中には持ち込み料をとるような式場もあったりしますが、これがかからないなら自作したほうがお得です。催淫ネット通販で結婚式場で紹介されるようなペーパーアイテムを安く買えます。
ですが、招待状は毛筆のあて名書きが通常で、よほど字がうまい方でないと、筆耕を頼むことになりますので、式場でお願いしたほうが手間が省けます。それに対し、席次表は、PCで作成できて、そこまで手間もかからず、ネットを活用すると式場で手配されるものと同じような上質な席次表が1枚200円で手に入れられます。
サイトにより席次表を買うと画面からパソコン用フォーマットをダウンロードできたりして、これはワードなどワープロで編集でき、あらかじめテーブルや新郎新婦の席など配置されてます。あとは決めた席順に肩書き、名前を入れて行くのみ。テーブルの配置を変えたり、増減したり、レイアウト変更もでき、折り返し部分に料理のメニュー表を記載できるものも。
また、A4サイズなので、プリンターでプリントアウトができ、家庭用ならにじみ、かすれが気になる方は、出力センターを利用してください。データを持ち込むと1枚40円で業務用プリンターで印刷できます。

お好み焼きの冷凍保存法

お好み焼きは冷凍しておけば便利で節約になります。昼ごはんやおやつ、夜食などに1枚冷凍しておくだけでさっと取り出し加熱し食べられます。

準備するもの
フリーザーパック
付箋やメモ用紙、テープ
ペン
ビニール袋
金属トレイ

付箋やメモ用紙に冷凍保存する日付や冷凍した内容物を記入。フリーザーパックに貼ります。
ビニール袋を手でひっくり返しはめ、お好み焼きを持ちます。
そのままお好み焼きを袋で大手入れます。
入れたら、袋の口を少しずつ折り、その時袋の口が内側に来るように折りましょう。
ビニールの端を折り、ぴったりになるように折ります。
残りのお好み焼きも同じようにして、フリーザーパックにまとめ入れます。そして金属トレイの上に乗せ冷凍庫で保存。
保存期間は3週間ぐらい。昼ごはんや夜食など食べる機会が多い家庭では早くなるなるでしょう。
お好み焼きが余りそうと思ったら、生地を小さめにして焼くといいです。あらかじめビニール袋、フリーザーパックに入れられるサイズで作ります。
そして小さなサイズのほうがおやつ、夜食として利用できて食べ過ぎることがないです。

常温でゆっくり解凍でき、昼ごはんに食べた替えれば、朝のうちビニール袋のまま皿に乗せ邪魔にならないところにおきます。
食べるときは、さらにお好み焼きと取り出して、ラップしレンジで2分ほど過熱する方法
アルミ箔を敷いたトースターで5分加熱する方法
フライパンに油をひき中火で両面3分焼く方法など。

急に食べたくなったり、うっかり常温に戻し忘れたとき、レンジを利用して加熱しましょう。5分ほどで解凍されます。

スーパーを賢く利用する方法

家賃や光熱費、通勤台交際費といった一人暮らしだと実家暮らしのとき考えられなかった費用がかかってきます。一人暮らしで一番節約できる部分は何か?
近くにスーパーがあると思いますが、最寄り駅を折り直ぐならいいですが、徒歩や自転車で行ける距離なら有効に使えます。

スーパーによりますが、ほとんどが閉店時間が近くなってくれば、生ものなど安く売りだします。
10%OFFや20%は当たり前で、中には半額になったり。

次の日お弁当や、朝食、夕食にしてもいいです。お得な値段でゲットしましょう。私は主食市直ぐの忙しい数か月こうした方法で乗り切ったら、約半分の出費で済みました。
1日の食費1000円×1か月で3万円を目安にしていて、だいたい15000~20000円の出費。
スーパーにより見切り品と称し、傷んだ箇所があるものを安く提供したりして、見切り品のコーナーはだいたい決まった場所にあって、そこに食べたいものがないかチェックし店内を回ってください。
利用額に応じポイント加算していく、ポイントカードを導入するスーパーもあって、一定額たまると現金化やポイント分利用できたり、プレゼントしてくれたり、お得な特典を受けられます。少額の買い物でも塵も積もればといったところ。
気長にためましょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス