”I Love You”と同じくらい毎日相手に伝えたいパワフルな言葉があります。

ありがとう  ”Thank you”

アメリカ、ジョージア州にあるジョージア大学のFamily Researchセンター(家族研究所)が468人の既婚者を対象に、家計、夫婦のコミュニケーションのスタイル、配偶者への感謝度等のアンケートを実施し、その結果はとても興味深いものでした。この結果は全米のニュース番組でも報道されました。

高価なプレゼントやロマンティックなディナーより、結婚カウンセリングよりも、もっともっとパワフルで2人を繋げてくれる言葉は、なんと英語ではたったの2つ、日本語ではわずか1つの言葉だったとは、驚きでもあり、同時に納得できる結果だった思います。

失業したり、家や車のような高額の買い物をしたり、一般的に経済的に厳しい時は、ストレスが溜まりやすく口論になりやすいものです。お互いイライラして、思いやる余裕がなく、相手を責めたり、攻撃的になってしまいがちです。

しかし、たとえそんな時でさえも、お互いが相手に対し感謝の気持ちを忘れないでいれば、悪循環を止めることができる、とリサーチのリーダーAllen Bartonさんは語ります。

一緒に暮らしていると、配偶者がしてくれることは、あたり前だと思ってしまいます。でも、誰かが誰かに何かをすることは、本当はあたり前のことなんて1つもありません。これは夫婦の間でも同じ。ただ、それを長年連れ添っていると、いとも簡単に忘れてしまいます。

配偶者がすることはもちろん、自分にしてくれることに対して、相手は感謝されるに値するということを気持ちの中に持ち続けることが、幸せな既婚者であることの秘訣のようです。

結局は相手を敬い、愛するということが基本です。「ありがとう」のひと言が、その気持ちを伝えることができるパワフルな言葉なのでしょう。

Thank you & ありがとう

パートナー間だけではなく、子供や親、友人や同僚、周りの人々に、素直に言える気持ちを持ちたいですね。

朝、ごみを出してくれたご主人に ありがとう!
食事を作ってくれた奥さんに ありがとう!

きっと、毎日のことだからと忘れている人が多いでしょう。

恥ずかしがらずに、今日から言ってみませんか?夕べの喧嘩も、魔法のようにパートナーの心から消えてしまうかもしれません。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス