長く遊べるレゴ

子供は飽き症ですから、いろいろなものに目が移ってしまうもの。新しいものをほしがりますが、なるべく長く使えるものがいいでしょう。
レゴブロックはとても長く愛用してます。

ブロックの大きさもあって、誤飲する可能性も少なく、最初親子一緒に作って、自然と一人でいろいろ考えて作り出しました。
息子が2歳の誕生日にかったものですが、4歳まで遊んでました。
最近小さなサイズのレゴにシフトして、今でも大きなものと小さいものとコラボで遊んでます。
レゴ・デュプロブロックはブロック自体大きくて、誤飲の可能性がすくなく、考えて作成しますから、頭の体操になります。
小さなサイズのレゴと一緒に遊べますから、長く使えます。

コストコは大幅に節約になる

家族が多ければ、食費もかかってしまって、どう削減するかは主婦の悩み。知ってもらいたいのが、誰もが一度は耳にするコストコ。
コストコは、商品を一括で大量に仕入れて、倉庫型店舗にそのまま商品を並べて販売するという新しい手法であり、コストを抑えて低価格で提供できるわけです。
扱っているものも、食料品や衣料、書籍、家具、家電、アウトドア用品や医薬品など多数。
会員になるためには、年4200円の会員費を払うことになりますが、会員一人につき2里まで一緒に入店して、会員価格で購入可能。
また、コストコトクトクニュースをこまめにチェックしておくと、年数回発行されている無料体験料パスを手に入れられます。
ここの特徴は何よりもコストパフォーマンスがよいことで、安い以外に、質もしっかりしていて、食品は高い評価を得てます。
そして、大家族、二世帯で暮らす世帯や、ルームシェアなどをしている方なら、会員になった方がメリットがあります。
コストコは店舗が郊外にあって、毎日ではなくて、一回に大量購入することが多く、そのために大きな冷蔵庫を持つ世帯の方にはおすすめ。
ディナーロール(36個・468円)
これは人気ナンバーワンで、コストコのベーカリーで毎日焼かれていて、おいし琴以外に、1個14円といった安さが人気。
これを何パックも購入する方がいて、冷凍しておいて、必要な文解凍して食べるのが一般的。
プルコギビーフ(100g・121円)
牛肉に玉ねぎ、たれがかかっていて、韓国風味になっていて、そのまま焼いてもいいですし、焼きうどんやパスタに入れたりアレンジを楽しめます。
1パック1,5キロのサイズで厚みもあって1枚が大きく、小分けで冷凍してみましょう。
価格はその時々で変動して、同じ価格とは限りませんから、注意を。
さくらどり むね肉(2.4キログラム・758円)
桜撮りは普通の肉よりジューシーで柔らかいと人気商品で、もも肉も人気ですが、胸肉はとても安く人気が高い。
価格は100g32円といった安さで、スーパーで買う国産むね肉の相場は100g50~70円ですから、とても安いです。
普通の肉より質がよくて安いわけですから、これはお買い得。
小分けにして冷凍してみましょう。
冷凍生餃子(50個入り・728円)
味がおいしいと評判で、1個当たり14.5円原材料も国産で安心。
スフレチーズケーキ(1,357g・1,248円)
コストこのケーキは安く味が良いと人気。直径24センチでボリュームもあって、パーティーに喜ばれます。
阿蘇こしひかり(10キロ・3,778円)
何と10キロ3000円台は、驚きの価格。スーパーで買うことができるものは、少なくても5千円はしてしまいます。
そして、無洗米あきたこまちブレンドは、10キロ2,768円。家族が多い世帯なら、毎日食べるお米が安いのは助けになるでしょう。

節約にもなる料理の方法

忙しい毎日ですが、料理を作ることは手間がかかり、効率よく調理できて、時間節約したいもの。

いつもつかっているアイテム、おなじみのアイテムで料理の時短が可能。
お米を毎日炊く過程が多く、炊飯器で炊くのではもったいない。実際、炊飯器は、卵、根菜をゆでるとき便利に。
炊飯器を使うとき、よく洗った卵、根菜を一緒に入れて、ご飯の炊きあがりと一緒に茹で卵、ゆで野菜が完成。
シリコンスチーマーを利用してみてもいいです。これをつかってみれば、鍋、お湯を用意しなくてもレンジアップ数分で野菜をむせて、肉じゃがも、材料を入れ10分の加熱で作れます。そしてガスコンロをほかの料理に使えて、ガス代節約に。

休日時間があれば、かった野菜を下茹でし冷凍しておけば、毎日の調理のとき時間節約に。
冷凍食品もインゲン、ホウレンソウ、カボチャなど下茹でされたものが売っていて、冷凍インゲンは、解凍し調味料で和えるだけで副菜になります。
かさばってしまったり、壊れやすくて取り扱いが面倒なものは使わないでおき、収納など時間をとられてしまえば、調理で時短できても意味がないです。
1つの調理器具を使いまわしてみればお得。温野菜をゆでたフライパンで、パスタをゆでてパスタソースも作り、炒めながら和えるなどなるべく一度に使う調理器具を減らせられれば、片付けも面倒にならずに済みます・
作る料理の種類、品数によっては、複数の調理器具で同時進行でやってみたほうが効率がいいこともあります。

年末年始の節約法

年末・年始は出費が多いものですが、大きな出費になってしまうのが親類との交際費で、久しぶりに合う親類の家に、お土産を持ってきたり、親せきのお子様にお年玉。何件かまわってみるだけでかなり出費に。

お年玉は子供のためですが、親もいくらもらったといったことをしっかり管理していて、中身を下手に削ると、あとの関係が悪くなってしまったり。

そこでポチ袋を削ってみましょう。子供に大事なのは中身で、袋はどうでもいいです。
100金のポチ袋はお勧めしません。スーパーで80円台でも同じ枚数のシール付きのものを買えて、100円だからなんでも安いといった観念は捨ててください。
そして、手先が器用であれば、包装紙、折り紙を利用して、ポチ袋を手作りしてみましょう。封筒上に降り、テープで貼ってみるだけで簡単。
去年自分の子供にもらったポチ袋を使いまわしてみる方法もいいですが、名前が書いてないか、シールをはがしてないかなどはチェックを。

手土産はお菓子を選ぶのが一般的ですが、スーパーで買ってみると値段がわかりやすく、なるべく個人の菓子店で買ってください。
個人のお店でも個包装された焼き菓子詰め合わせを利用しましょう。予算をはじめから決めて、お店の方に~円分詰めてくださいを行ってみれば、無駄がなくて、お店の方も見た目に貧相にならないようにしてくれるでしょう。

カステラ、パウンドケーキは値段の割に安く見えかねませんから、やめましょう。ジュースは万人受けしますが、値段が高くて、重いですから、遠慮しておきましょう。重いものをたくさん車に積み親せきの家を回ると燃費も悪くなります。
家に親せきが来てくれるような家庭も多いでしょうが、一応お客様なのでどうもてなしてますか?
オードブルは楽ですが、かなりお金がかかります。ですが、何韻文藻の食事を何種類も作るのは大変。そこでスーパーで冷凍食品半額といった安売りのとき数種類の冷凍食品を買ってみましょう。
揚げるだけの唐揚げ、ポテト、チンするだけのグラタンなどオードブルになるようなものをいくつか組み合わせかっておくと簡単に自分でオードブルを作れます。
お店で頼むよりも安くて、足りなくなっても冷凍してるものを調理するだけで便利。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら