ダイエットが成功して体重は落ちたものの、お腹のたるみはそのまま…ぽっこりお腹をどうにかしたいと思っている方は多いのではないでしょうか?

お腹を引っ込めたいと考えるときに頭に浮かぶのは、お腹の表面にある腹直筋を想像しますが、実はお腹の深部にある「腸腰筋(ちょうようきん)」という筋肉を鍛えることで効果的にお腹を引き締めることができます。今回はぽっこりお腹を効果的に引き締めるための簡単なエクササイズを紹介します。

ダイエットにも効果バツグン「腸腰筋」

Licensed by gettyimages ®

腸腰筋は、お腹の深部にある大腰筋と腸骨筋を合わせた筋肉の総称です。この筋肉は、上半身から下半身に繋がっている唯一の筋肉です。この筋肉が弱くなると、骨盤が歪むとともに胃や腸などの内臓の位置も下がってしまうのでぽっこりお腹となってしまいます。

さらに内臓が下垂することで働きが悪くなるため、便秘や下痢、消化不良、むくみなど代謝が落ちるために太りやすくなってしまうのです。

内臓を受け皿のように支える骨盤まで歪んでしまったら、内臓の位置が下がってしまって、ポッコリお腹の原因になってしまう。
さらに、胃や腸の働きが悪くなるということは、基礎代謝が下がってしまうということ。つまり、腸腰筋が弱ったら太りやすくもなるんです。

出典 http://yasekore-diet.jp

筋肉が弱くなることでマイナスポイントが多い腸腰筋ですが、鍛えてあげればこれらをすべて改善することができるので、スタイルアップとダイエットの両方が手に入るのです!

腸腰筋を鍛える簡単エクササイズ

出典 https://massa.fm

腸腰筋を鍛えるエクササイズはたくさんありますが、今回は弱くなっている筋肉を慣らす簡単なエクササイズを紹介します。

1. 仰向けに寝た状態で肩幅に足を開き、膝を立てます。
2. 手は手のひら側を床に向けて体に沿わせておきます。
3. その状態からお尻とお腹を持ち上げて30秒キープします(画像の状態)。
4. お尻をキュッと締めて呼吸はゆっくりと行いましょう。

尻とお腹を上げることで、内臓下垂を改善することもできます。最初は少しきついとか腰に痛みを感じたら、短い時間から始めましょう。朝起きるときや夜寝る前に行うだけでも効果があります。

日本人は外国人と比較すると腸腰筋が弱いといわれていますが、腸腰筋を鍛えることでキュッとしまったウエストや美しい姿勢も手に入れることができます。ぽっこりお腹が気になる方ぜひ腸腰筋のエクササイズを試してみてください。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら