見よ、  国々は革袋からこぼれる一滴のしずく、   天秤の上の塵と見なされる。イザヤ書40:15
私はまた、別の天使が空高く飛ぶのを見た。 この天使は、地上に住む人々、   あらゆる国民、種族 、言葉の違う民、民族に  告げ知らせるために、
   永遠の福音を携えて来た。黙示録14:6
      (ローズンゲン日々の聖句10/22;木)  天の神、主からみると、国々は一滴のしずくのよう、あるいは、秤の上の埃の一粒のようだと。  イザヤは言うのですね。 「だれが、手のひらで水を量り、 手の幅で天を推し量り、 地のちりを枡に盛り、 山をてんびんで量り、丘をはかりで量ったのか。だれが主の霊を推し量り、 主の顧問として教えたのか。 主はだれと相談して悟りを得られたのか。だれが公正の筋道を主に教えて、 知識を授け、英知の道を知らせたのか。 見よ。国々は、手おけの一しずく、はかりの上のごみのようにみなされる。 見よ。主は島々を細かいちりのように取り上げられる。レバノンも、たきぎにするには、足りない。その獣も、全焼のいけにえにするには、足りない。すべての国々も主の前では無いに等しく、 主にとっては むなしく形もないものとみなされる。   ~ ~ ~あなたがたは知らないのか。聞かないのか。 初めから、告げられなかったのか。 地の基がどうして置かれたかを悟らなかったのか。 主は地をおおう天蓋の上に住まわれる。 地の住民はいなごのようだ。 主は天を薄絹のように延べ、これを天幕のように広げて住まわれる。 君主たちを無に帰し、 地のさばきつかさをむなしいものにされる。 彼らが、やっと植えられ、やっと蒔かれ、やっと地に根を張ろうとするとき、 主はそれに風を吹き付け、彼らは枯れる。 暴風がそれを、わらのように散らす。 『それなのに、わたしをだれになぞらえ、だれと比べようとするのか』と聖なる方は仰せられる。 目を高く上げて、だれがこれらを創造したかを見よ。この方は、その万象を数えて呼び出し、ひとつひとつ、その名をもって、呼ばれる。この方は精力に満ち、その力は強い。 一つももれるものはない。」(イザヤ40:12~26新改訳)  この方の御前に歩むのですね。私たち。 今日も。[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ] <a href="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><img src="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif" alt="PVアクセスランキング にほんブログ村" /></a>[269RANKのランキングサイト]"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス