機動戦士ガンダムに出てくる不滅の英雄、「赤い彗星」シャア・アズナブル。今月末には彼の幼少時代を描いたDVDの第2弾、「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 哀しみのアルテイシア」の先行上映が、全国の映画館で行われます。

彼の異名「赤い彗星」の由来は、ほとんどの方が知っていると思います。そう。

その機体が赤いのです

出典 http://ameblo.jp

漆黒の宇宙をかける赤い機体を見ると、劇中の無名の兵士たちは戦意を高揚し、観ている私たちは魅了されるのです。しかし実はそこには、ある事実があります。

実は「赤」ではなく「ピンク」なのです。

なぜこの色になったのか?印象強い色を作り上げた、という説はもちろん根強いのですが、それ以上にまことしやかに語られている説。

ピンクの塗料が余っていたというのです

Licensed by gettyimages ®

そういえば、ビームの色もピンク。モビルスーツのモノアイ(目)もミライさんやセイラさんの制服も、炎もやたらピンク色が多いのです。そのため、お金がない制作会社にピンク色が余っていて、それを使わなければいけなかったという説です。

しかし、意図的にせよ偶発的にせよ、「ピンク」の「赤い彗星」が宇宙を駆ける姿に魅了されるのは事実。その勇姿を見に、新作の機動戦士ガンダムを観に行くのも、また一つの楽しみかたかもしれませんね。



関連記事

この記事を書いたユーザー

シャア! このユーザーの他の記事を見る

東京在住のライター。日常の出来事で考えさせられるすこと、興味を引く面白スポットなどをとりあげています。

得意ジャンル
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら