事前に死亡リスクが明確な場合は適用されない

基本的に「医療事故調査制度」は医療によって予期せぬ死亡が発生した場合に適用されます(医療事故の定義は厚労省ガイドラインを参照してください)。

たとえば、投薬や手術前に「死亡するリスクがある」ということを、医療機関の責任者が家族に説明していた場合などは適用対象外となります。あるいは、患者さんのカルテに死亡するリスクや可能性について記載があったときも同様です。

医療事後調査制度は、医療機関側・遺族が医療中に予測していなかった要素によって患者さんが死亡したときに、状況や原因を明確にするために行われます。

予期しない医療事故が発生したとき、病院内部でも原因や理由が明確になっていないケースも少なくありません。医療機関側が状況を理解できていなければ、遺族に対しても納得のいく説明はできませんよね。

遺族側も状況に納得できないままでは、医療や機関に対する不信感や疑問が募るばかりです。事前に死亡リスクを家族や本人に伝え、明確になっていれば、治療中やその過程で万が一、患者さんが亡くなっても、その理由を調査する必要はありません。

出典 https://www.c-notes.jp

医療事故って家族は知ることもできなかったですよ、今でこそネットやマスコミがあり情報も得ることができますけどね。このサイトは病気に対しても患者自信が経験した治療の仕方など個人個人が書かれているので、本当にわかりやすいと思います。

この記事を書いたユーザー

ライターanego このユーザーの他の記事を見る

難病&持病と闘いながらも毎日をエンジョイ生活(^_-)-☆

とにかく前向きに今の自分の体と相談しながら1日1日を活きていますヾ(≧▽≦)ノ
後還暦まで3年カウントダウンしながらぁ~( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス