ペットも高齢化時代、ペット保険は必須?!
ペットを飼っている人たちにとって、その存在はとても身近で、そしてかけがえのないものであると思います。犬や猫の一挙一動を、家族同様に目を細めながら慈しんでいる方も多いのではないでしょうか?
昔に比べると、近年はペットたちも長寿になっており、高齢化・老齢化に伴いさまざまな病気を患いがちです。ペットの病気やけがの治療は、人間における「自由診療」にあたり、手術や入院費などは基本的に自己負担となります。大掛かりな手術や長期にわたる入院など、思いがけない高額な出費となることも珍しくありません。
ペットにかかる医療費を補填するペット保険は、飼い主の負担を軽減してくれる心強い存在です。動物病院などでペットが医療サービスを受けたときに、その治療費や手術代、入院費用などの一部を保険会社に負担してもらうサービスが中心となります。
ペット保険に加入できるペットは、一般的には犬と猫が中心となりますが、それ以外をカバーしている保険商品もあります。保険のタイプも、かかった治療費の一定割合を保障する「定率保障型」、治療費に関係なく一定の金額を給付する「定額保障型」、定められた限度額の範囲で、かかった費用の全額を給付する「実額保障型」などがあります。
また、サービス内容も通院・入院・手術など医療費の保障のほか、飼い犬のかみつきなどへの賠償補償や高度後遺障害保険金、葬祭保険金など、さまざまなものが用意されています。
ペット保険比較サイトなどを上手に利用して、ペットとご自身のライフスタイルに合った保険を選びたいものですね。

この記事を書いたユーザー

natsukimama このユーザーの他の記事を見る

初めまして、ブログを書くのは、初めてで、
色々わからない事もありますが、頑張って面白いブログにしていけたらと思います。

得意ジャンル
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス