小さい時に動物と共に暮らすのはとっても大切なことだと今は思います。

今は動物虐待をすると警察に捕まる時代です。

命が大切とわかりきっているのに、命が軽々しく扱われるニュースはエスカレートしてい

るようにさえ思えます。

私の小さい頃の不動の夢だったのは「動物園の飼育係」になることでした。

うちには、庭がなかったので犬や猫は飼えません。

小動物のリスはハムスター、鳥を飼いました。

はやり、ケイスバイケースではありますが、動物の最期を看取ることが多いです。

動物を飼った以上それが飼い主の責任でもあります。

動物と一緒に暮らすと「家族も同然」とよく言います。

もはや「家族」になった動物の死を小さい頃に経験すると、幼いなりに命の大切さに

直接触れることができると思うんです。

今も動物と共に暮らしている人はたくさん居るけれど、その一方で同じ生き物の昆虫が嫌

いという子どもが多くなったように思う。

私は子どもの頃よく昆虫を捕まえたり、飼ったりしていた。

素手で平気で触れました。

今は汚いとか殺菌が必要とかで触ったことがないと言う子どもが本当に居ます。

命に触れる機会が少なくなったのが残忍に命を奪うニュースがエスカレートしていること

とリンクしてしかたありません。

セキセイインコの杏ちゃん

出典筆者撮影

このセキセイインコの杏ちゃんは思い出深い私の家族の1人です。

このように私にべったりな子で、携帯を向けても興味津々で寄って来て、こうしたアップ

の写真が撮れました。

私にとって大切な写真です。

動物と共に生活してみてわかることがあります。

動物は言葉は話せないけれど、具合が悪いサインを送ります。

それは飼い主ならきっと誰にでも伝わる信号なのだと思います。

動物病院では保険がききません。

杏ちゃんが卵詰まりを起こして病院を探し回りました。

鳥を診ることができる獣医さんは意外と少ないです。

やはり、犬猫の病院が多いです。

でも、やっと鳥を診てくれる病院へ杏ちゃんを連れて行った時にビックリ。

レントゲンが5000円もしたのです。

人間のレントゲンの方が断然安い。

こういう理由で途中で飼うことを放棄してしまう心無い人もいるでしょう。


動物だって、がんにもなるし、石ができたり、人間にように病気になるんです。

人間の自分の家族が病気になったらどうですか?

「大丈夫?体調はどう?」と聞けるし、薬も飲むでしょう。

でも、動物は話せません。

心だけがつながっている状態で飼い主として果たして何ができるのか。

動物が病気になってもできることはあまりありません。

セキセイインコの寿命は7年ぐらいです。

杏ちゃんとも7年でお別れがやってきました。

まるで身が裂かれるような気持ちがしました。

「杏ちゃん」と名前を呼び続ける私に歩み寄って、力尽きて亡くなりました。

動物と共に暮らしていて亡くなる瞬間を初めて見ました。

それまでは私の不在中だったり、起きたら亡くなっていたのです。

その最期まで私に愛を注いでくれた杏ちゃんの姿を見て、すぐに杏ちゃんを手に取って

号泣したのを今でも覚えています。

まさにある意味自分の家族が亡くなった瞬間でした。

まだ私には人間の家族が亡くなった経験はありません。

人間と動物の死を比べるわけではありませんが、家族の動物が亡くなる経験をしているか

らこそ、命の大切さを身をもって知っています。

知っているからこそ、動物虐待なんてできっこありません。

それがエスカレートして人間を殺してしまうケースはとっても多いです。

子どもにとって命の大切さを身をもって知ることは本当に欠かせないと思います。

現に私が保育士をしていた頃、アリを踏んで喜んでいる子もいました。

幼いからアリにも命があるときっとわかっていないゆえの行動。

でも、それは実はたくさんの命を絶っているという事実。

言葉では伝えられないものを動物の命が教えてくれます。

動物でなくてもお祭りで釣った金魚でも川で釣ったザリガニ。

夏休みにとったカブトムシやクワガタ。

昆虫にも命が宿っているんです。

飼うことにどんな意味があるのか。

エサをあげることが自分が食事を取るのと一緒だと気づけば、世話をしない子どもは

いません。

どうせ、飼っても大人が世話をするんでしょと避けるのではなく。

飼って、世話をしない子どもに動物や昆虫の気持ちを考えさせるのもとってもいいと思います。

生き物すべてに命があり、すべて大切なんです。

私は小動物を飼っていて本当に共に暮らした子が亡くなるツラさを知っています。

知らない人もたくさんいるこの世の中。

もし、小さい子が飼いたいと言ったら、積極的に協力してあげるといいと思います。

ただし当たり前なこととして、責任を持って最期まで世話をすることです。

すべて動物が私たちに教えてくれる命の本来の姿です。



明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html


この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス