速読の練習を行って、途中で挫折した経験はありませんか?周辺視野もそれほど広がらず、思うような結果を残せなかった人も少なくないのではないでしょうか?

非常に失礼ながら、まだ確証はありません。ただ、ある無料のガジェットを使って英語の文章を読んでいるうちに、日本語の文章を読むのも速くなっているのに気が付きました。全ての人に当てはまるかは定かではありません。ですが、文章を読んで理解するプロセスはどの言語でも同じことから、例え英語の速読方法でも日本語に応用できると考えました。

Spritzとの出会い

日常的に英語を使うことがあるので、とにかくもっと速く文章を読解できるようにと採用したのが始まりでした。このガジェットを使うと、長くて退屈そうな文章でもものの数分で読破できてしまいます。英語においてはかなり使える優れモノです。しかし、役に立ったのは英語の文章だけではなく、日本語の文章にでした。

より詳しい説明はこれらのサイトが行ってくれています。少々怠慢な気もしますが、こちらのサイトをご覧頂ければ、余すことなくSpritzの使い方とその効果が理解できるはずです。(SpritzのHPはリニューアルされていますが、基本的な内容に変化はありません)

単純で使いやすい しかも無料!

出典 http://sdk.spritzinc.com

PCで使う場合、上のリンクから図のバナーをドラッグしてブックマークバーにドロップすれば使用できるようになります。他に面倒な手続きはありません。

Spritzは、日本語での速読に当たります。(このガジェットの名称:本来は噴霧とかの動詞型で使う)文章を読みたいページの上でガジェットを開くだけで、一人でに文字を追ってくれます。画面に表示されるのは一文字ずつです。視点を動かさずに、ただ現れた文字を読んで行きます。

出典from my PC

ブックマークバーに貼り付けたリンクをクリックすると、以上のような画面が開きます。これでもう準備は整いました。後は赤い字の部分を見ながら、文字が変わるのを目で追って行くだけです。

上の図では、260 wpmと記載されているところがあります。これは、1分間に260文字が表示されるという意味です。自身は現在200文字で行っています。それでも、Spritzのページ程度なら2分程度で読み終わります。バーを動かせばお好みの文字数に変えられます。100が最低です。

英語よりもむしろ日本語が速くなった

日本語の場合、ひらがな、漢字、そしてカタカナとあり、かなり高等な言語です。それに比べて英語は、23個のアルファベットの組み合わせでしかなく、ある意味日本語よりも速読に適しています。単語1つ1つが独立しているので、隣り合わせの単語とは必ず1文字開けて書かれています。要するに、単語だけを目で追うのなら、日本語よりも英語の方が圧倒的に簡単だと言えるのです。

スマホにも対応しています

これは筆者の経験でしかなく、あなたも同じ効果を得られるとは断言できません。しかしながら、Spritzを使った後で日本語の文章を読むと、確実にスピードアップしているのが分かります。得ることは多くても、損をすることはないので、この機会にぜひ一度試してみて下さい。

この記事を書いたユーザー

ワードプロバイダー このユーザーの他の記事を見る

今季おススメのアニメは「うしおととら」。海外ドラマでは「ブラックリスト」。これまでに見た映画の中では、個人的トップ10の常連である、「フィッシャー・キング」です。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス